経済・産業

中国が金融市場を外資に開放する計画

페이지 정보

본문

中国が今年金融市場を徐々に開放する計画である。
今月6日第一財経日報報道によれば、中国人民銀行は‘2009年国際金融市場報告書’を通じて次の段階は外国資本取引きの制限緩和、外国為替・債権・株式など金融市場の対外開放を促進しなければならないと明らかにした。

報告書は外資が中国金融市場取引きに参加することができるように金融市場をさらに開放しなければなければならないと指摘して中国の外国為替取引き中心の業務範囲を国外に拡大するということによって外国機関の参加と市場取引きを引き出して外国為替および人民元商品の多様性を通じて外国投資家を誘致しなければなければならないと明らかにした。

また外国企業が中国株式市場に上場することができるように制度的な方案が必要だと指摘した。 この前に香港上海豎⊥L銀行は中国本土 A株上場を準備中だと新聞は伝えた。

一方、人民銀行は市場開放拡大と同時に管理監督システム改善を通じてホットマネーの流入に対する効果的な管理と監督が共に成り立たなければなければならないと明らかにした。

人民日報は“中国の対外金融市場開放拡大がややもすると金融市場の混沌を招くこともできる”として中国はもちろん全世界的でも潜在的なリスクが相当されることだと警告し、市場開放が適切な速度で進行されなければならないと強調した。 

          チャイナセブン

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 61 명
  • 오늘 방문자 550 명
  • 어제 방문자 877 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 43,007 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개