社会・文化

8日の夕方、人工消雨に成功 北京

페이지 정보

본문

西南から東北に向かって大雨をもたらす雲が8日午後8時から午前12時、北京市内に入る恐れがあった。気象部門は8日午後4時から午後11時39分、北京の21カ所からロケット弾1104発を連続的に打ち上げ、この雲を北京市外に留めておくことに成功した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。  
このため、北京五輪開会式が終了するまで、メーンスタジアムの「鳥の巣」には一滴の雨も降らなかった。雨雲の中心となった河北省保定市以北の地域では最大で100ミリ以上の激しい雨が降り、北京市房山区では25ミリの雨が降った。専門家によると、これほど組織的かつ計画的に大規模な範囲で人工的に天気に影響を与えたのは中国でも過去にはなく、五輪史上においても開会式の段階で人工消雨が行われたのは初めてだという。

「人民網日本語版」より2008年8月9日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 317건 / 28페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 52 명
  • 오늘 방문자 496 명
  • 어제 방문자 877 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 42,953 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개