旅行・滞在

カシュガル襲撃事件は周到に計画された暴力襲撃活動

페이지 정보

본문

  新疆ウイグル自治区公安庁と喀什(カシュガル)地区の担当者は5日午後、烏魯木斉(ウルムチ)と喀什でそれぞれ記者会見し、「8・4暴力事件」について発表を行った。新華社が伝えた。

  喀什共産党委員会の史大剛書記は「警察当局がこれまでに把握した状況から見て、今回の事件は周到に計画され、前々から企まれていた暴力襲撃活動だ」と発表した。

  自治区公安庁の柳耀華庁長は「警察当局は暴力襲撃事件の現場で容疑者2人を拘束した。いずれも喀什出身の男で年齢は28歳と33歳。1人はタクシー運転手、もう1人は野菜売りだ」と発表した。

  これまでの捜査で、犯行は事前に計画されたもので、容疑者らは4日朝、国境警備部隊支隊が体操に出たところを狙い、盗んだトラックで部隊の背後から突っ込むと同時に、爆弾2発を爆発させ、さらに刀で凶行に及んだことが明らかになった。容疑者らは現場で取り押さえられた。この襲撃で16人が死亡、16人が負傷した。

  警察当局は現場で手製の爆弾9発と銃1丁を押収した。これらの武器は、07年1月に新疆の警察当局が「東トルキスタン」テロ組織の訓練基地を粉砕した際に押収したものと似ていた。現場では凶行に使われた長刀と短刀、「聖戦」を宣揚する内容のビラなども押収された。

  柳庁長によると、両容疑者は犯行事実を包み隠さず自供している。自治区公安庁は捜査の進展に基づき、引き続き情報を公表していく方針だ。(編集NA)

  「人民網日本語版」2008年8月6日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 191건 / 15페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 87 명
  • 오늘 방문자 741 명
  • 어제 방문자 830 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 51,463 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개