日中関連

上海万博後、日本国宝の鑑真像が揚州に「帰省」

페이지 정보

본문

中国共産党揚州市委員会の王燕文書記は20日、奈良市の仲川元庸市長と会見した際、日本国宝の鑑真和上坐像が、上海万博後に再び揚州に「里帰り」することを希望する旨を伝えた。

2010年上海万博の日本館には日本国宝の鑑真和上坐像が展示され、万博後、この塑像は揚州の鑑真記念堂に置かれることになっている。鑑真像の「里帰り」は、1980年4月に次ぎ2度目となる。

揚州は日本と古くから縁がある。仲川市長と会見した際、王燕文書記は「日本の遣唐使は742年、鑑真和尚を日本に招いた。その10年後、鑑真和尚は6回目でやっと渡航に成功し、揚州と日本の友好往来の歴史が始まった」と述べた。

「チャイナネット」 2010年2月21日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 157건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 46 명
  • 오늘 방문자 697 명
  • 어제 방문자 883 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 44,037 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개