基本情報

中国の山脈

페이지 정보

본문

中国は山が多い国で大規模の山脈が210余個もある。 蘭州-昆明線の西の方は大部分が海抜 3500mを上回る高山地帯に属する。特に青蔵高原周辺の山脈は大部分 6000m 以上で、ヒマラヤ山脈中間部分である亜東から馬丁山まで580km 区間には7000m以上の峰が88個もある。
ネパールとの国境近所には8000m以上の峰が11個もあるのに, その中でチョモランマ峰は海抜8848mで世界最高峰だ.蘭州-昆明線の東は大部分海抜500~2000mに至る中・低山地帯である。
中国の山脈は全国に横たわっているが、概して決まった方向に沿って順に伸びているし、その中東西方向と東北 - 西南方向が一番多い. 東西方向の山脈は三つの分岐点で分けられるのに, 天山-陰山,昆侖山-秦嶺,南嶺がそれである。
東北-西南方向の山脈は大部分中国東部地域に分布されていて,これまた三つの分岐点で分けられるのに, 大興安嶺-太行山巫山- 武陵山 -雪峰山,長白山 -遼東低山丘陵-山東低山丘陵-東南沿海低山丘陵,台湾山脈がそれである。この外に西北-東南方向の山脈ではヒマラヤ山 ・祁連山・阿爾泰山などがあって、南北方向の山脈では賀蘭山・・藻ユ山・ 横断山脈などがある。
このような山脈と山地はいつも川水の発源地や分水嶺, または地理的に重要な境目になって, 中国の高原・盆地・平原の地形を決める主な要素になる。
 ヒマラヤ山脈
青蔵高原の最南端に高く立っているヒマラヤ山脈は全体長さ 2400km, 幅 200~300km, 平均海抜が6000m 以上であり, 主峰は海抜 8848mである世界最高峰チョモランマ峰だ. この外にもここには海抜 7000m 以上の高峰が 50余個, 8000m 以上の高峰が 10個もある。

昆侖山脈
西から東に青蔵高原の北端を横切っている昆侖山脈は平均海抜が5500m~6000mだ. 昆侖山脈の北には巨大な新彊タリン盆地と青海ツァイダム盆地があって, 南側には盆地・湖と広い谷が平均海抜が5000mである蔵北高原とつながっている.
 
喀拉昆侖山脈
新彊とカシミルの境界船上に位している喀拉昆侖山脈は東部分がチベット境内にある. 平均海抜が 6000m 以上であり, 東にずっと伸びて下がりながら山の姿は非常に散漫になる。

唐古拉山脈
東経 90゜ 近所に位したタングラ山脈はそれの始発点でチベットと青海の境目を成している。

 ガングデ竏茶X山脈
蔵北高原の南端に位したガングデ竏茶X山脈は北チベットと東南チベット・南チベットの境目ながら, チベット境内の外流川の分水嶺になる。 東経 90゜線前後で念靑唐古拉山脈とつながる 平均海抜が5500m~5800mである。

念靑唐古拉山脈
山勢が比較的緩くて山の形体があまり明らかではない. 平均海抜が5800m~6000mで、主峰である念靑唐古拉峰は海抜が7117mである。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 21건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 49 명
  • 오늘 방문자 753 명
  • 어제 방문자 783 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 46,611 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개