岳飛 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

岳飛

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-31 00:23 view 7,317回 コメント 0件

本文

[1]12.jpg

岳飛-中国の民族英雄


岳飛は字が鵬挙で相州湯陰の出身である。
北宋末に金国の軍士の侵入に対立して各地で義勇軍が起きると、1129年岳飛は 2万名の軍士を連れて金国に反撃した。金国との戦闘で連続して戦功を立てた岳飛は1134年朝廷に文を書いて北伐を主張した。北伐を進行して襄陽を収復しようとする彼の主張は朝廷の認定を受けてその年5月岳飛は3万名に達する岳家軍を率いて北伐の道に上がった。先に襄陽を収復した岳飛は破竹の勢いで進撃を重ねた。 8月朝廷は嶽飛を靖遠軍節度使と任命した.当時金国軍隊は岳飛が従えた岳家軍が進撃して来るという消息さえ接すればすぐ退却するほどであった。
勝利に勝利を繰り返えした岳飛は進撃して奪われた中原を収復しようと主張したが当時朝廷はそれに応じなかった。

1140年金国は10大軍を四つの分岐で分けられて南宋を侵犯した。岳飛はまた軍士を導いて金国に反撃して出た. この戦争で嶽飛が従えた岳家軍はまた威勢をふるって金国軍隊を退けて中原を収復した。
1141年士気衝天した岳家軍が開封を収復ようと準備している時に金国に投降しようと思った宋高宗と宰相である秦桧が岳飛に撤退の命令を下した。岳飛は勝ちを目の前にしたまま撤兵することは努力した塔が崩れることだと痛嘆をしたが、朝廷の命令に従うしかなかった。

撤兵した後岳飛は軍事指揮権を剥奪され、秦桧は岳飛の副将である張憲が謀反を計画しているとおとし入れながら先に張憲と嶽雲を監獄に閉じこめた後引き続き岳飛も監禁した。当時多い人々が岳飛の悔しさを訴えたが宋高宗と秦桧は岳飛に多くの罪名をつけて彼を毒殺した。1162年 宋孝宗が即位した後岳飛の官職と爵位を回復して礼儀を取り揃えて祭を行いた。

岳飛が憂国衷情を格調高く吐露した<満江紅>は千古絶唱で今も伝えられている。岳飛は <満江紅>で充満された自慢感と自信で青春を空しく送らずに敵の城を潰して奪われた国土を取り戻さなければならないと憂国志士たちに訴えた。 岳飛が残した著書では <岳武穆遺文>がある。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.