中国人物

朱鎔基

페이지 정보

본문

前国務院総理-朱鎔基

10.jpg
朱鎔基(1928.10~)は湖南長沙の出身で、1949年 10月中国共産党に入党した。

1947年から1951年まで清華大学電機科(電機製造専攻)に通いながら'新民主主義の青年連盟'に参加した。

1951年から1952年まで東北工業部計画先の生産計画室副主任を歴任

1952年から1958年まで国家計画委員会燃動局(動力資源部)、 総合国で助長を歴任して、 国家計画委員会主任事務室副処長、 国家計画委員会機械局総合先の副処長を歴任
 
1958年から1969年まで国家計画委員会幹部業余学校教員、 国民経済総合局技師を歴任
1970年から1975年まで国家計画委員会幹部労動に参加

1975年から 1979年まで石油工業部管道局電力通信工程工事事務室副主任、 副主任技師、 中国社会科学院工業経済研究所主任を歴任。

1979年から 1982年まで国家経済委員会燃動局処長、 総合局副局長を歴任

1982年から 1983年まで国家経済委員会技術改革局局長、国家経済委員会委員を歴任
 
1983年から 1985年まで国家経済委員会副主任、党組織構成員を歴任

985年から1987年まで国家経済委員会副主任、党副書記を歴任

1987年から1991年まで中国共産党上海市委員会副書記、 市長、市委員会書記を歴任

1991年から 1992年まで国務院副総理兼国務院生産事務室主任、党書記を歴任しながら、国務院経済貿易事務室主任、 党書記を兼任

1992年から1993年まで中国共産党中央政治局常務委員、 国務院副総理兼国務院経済貿易事務室主任、党書記を歴任

1993年から1995年まで中国共産党中央政治局常務委員、 国務院副総理兼中国人民銀行長(1993。6~1995。6)を歴任

1995年から 1998年まで中国共産党中央政治局常務委員、国務院副総理を歴任した。

1998年 3月から中国共産党中央政治局常務委員、国務院総理を歴任した。中国共産党第13期中央候補委員、14期、 15期中央委員、中央政治局委員、常務委員を歴任

2002年11月中国共産党16期1中全会で中国共産党中央政治局委員職で退いたし、2003年 3月第10期全国人民代表大会1次会議では国務院総理職で退いた。


관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 55건 / 2페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 74 명
  • 오늘 방문자 932 명
  • 어제 방문자 921 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 53,400 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개