中国の鉄道事情 > 中国旅行事情

본문 바로가기

サイト内検索

中国旅行事情

中国の鉄道事情

ページ情報

no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-18 16:29 view 7,245回 コメント 0件

本文

鉄道

旅行の日程にゆとりがある人や、旅行知識が豊かで別の楽しみを求める観光客には鉄道の旅を勧めたい。隣り合う乗客同士との素朴な触れあい、コミュニケーションも楽しい旅の思い出になるし、中国の人々の日常生活のひとコマを間近で見ることも出来る。何より、車窓から眺める雄大な中国の景色は見る価値がある。

中国の鉄道は総距離が6万8000kmですべての省と主な都市を結んでおり今なお中国では国内交通の大動脈になっている。昔は北のハルビンから南の広州まで一週間以上掛かったりしたが、新型車両の投入や、干線の拡大によりスピードも快適差も昔とは比べ物にならないほど進歩している。中には日本の新幹線技術を導入した子弾頭とも呼ぶ中国式の新幹線もあれば、世界最速を誇るリニアモーターカーも登場し随分快適に旅を楽しめることが出来る。切符の購入も昔は何時間も待ったりしたが現在はオンライン化や、外国人専門の窓口などが登場し簡単に買えるようになった。

1.列車の種類

 リニアモーターカー(磁浮列車)
1.jpg ギネスブックに(世界最速の商業列車)として登録された上海リニアモーターカーは路線の全長が30kmで、走行速度は430kmを記録している。上海の浦東国際空港から地下鉄二号線の龍陽路駅までを所要7分20秒で走行する。往復の料金は普通80元、VIP席が160元で当日搭乗予定のエアチケットがあれば2割引される。

 新幹線 (子弾頭)
2.jpg 車両の頭部分が弾薬の頭部分に似てる事から中国では子弾頭(ズータンドウ)とも呼ばれる新幹線は現在青島―斉南区間を奔っており、順次に各幹線鉄道に拡大される予定。


 直達特快(直特)
3.jpg ノンストップ都市間特急列車で北京を起点に上海、西安、ハルピン、武昌などを結ぶ長距離列車。車両などは全て新型車両なので比較的に衛生、速度、安全面でも優れてる。列車番号の先頭にZが付く。


    特快列車 (特快)
4.jpg 日本の特急に相当する空調完備の長距離特急列車で寝台車が中心で短距離なら二階建ての軟座が多い。中には広州ー香港間を結ぶ最高時速200kmを超える高速鉄道もある。列車番号の先頭にTが付く。


 旅行列車  (遊)
5.jpg 旅行者向きの列車で長距離から短距離迄完備されており、空調付きで比較的に綺麗な列車も多い。
列車番号の先頭にLが付く。


 快速列車  (快速)
6.jpg 全国の都市間をきめ細かく結ぶ急行列車で空調付きの列車も多く、運行次数も多い為、中距離都市間の走行には一番使い易い。列車番号にKまたはNが付く。


 普通快車 (普快)
7.jpg 短距離から長距離までさまざまな系統があり空調が付いてない列車も多く治安も衛生も悪い所が多く観光用には避けたほうが良さそう。列車番号は1000から5000迄。


 普通客車 (普客)
8.jpg 普通列車で主に都市郊外など短距離を結ぶ。硬座のみの列車が多く、空調もないし、盗難事故も発生し易いのでよっぽとの事がない限りは利用を避けたほうがいい。列車番号は6000から8000迄。

座席の種類

硬座
11.jpg 4人から6人書けの普通座席車で背もたれの垂直な座席が殆どですが、T,Lが付く一部車両には日本の特急列車に匹敵するくらい車両もあるので事前チェックの上利用したい。


軟座
12.jpg 日本のグリーン車に相当し、クッションの付いたゆとりある座席で短距離旅行の際は有用に利用したい。

硬臥
13.jpg 列車の進行方向と直角に並んだ3段寝台が基本で、布団なども完備されており、国内では一番人気高い。春節とか旅行シーズンの時期は一番手に入れ難しい座席でもあるので、利用の場合は余裕を持って予約を入れたほうがいい。

 

軟臥
14.jpg 2段ベットが向かい合うように取り付けられた4人用個室寝台で長距離旅行には最適。入り口に乗務員がおり、安全面でも比較的によいが安心は禁物。大事な物は必ず身近に置くべき。

3 切符の購入方法 

 駅の窓口に並んで買う方法と、旅行会社に依頼する方法があり、駅では原則としてその駅から発車する列車の切符しか買えない。窓口に並び希望する日付と列車番号、座席の種類、枚数、到着駅名を言って相応の料金を払えば手に入れる。中国語が出来ない場合は漢字で紙に詳しく書いて見せればいい。駅の普通の窓口は混雑するし、割り込んでくる人も多く出来れば事前にその駅の外国人専用の窓口の有無を調べて置く事も必要。ない場合は出来るだけ時間に余裕を持って駅に行く必要がある。途中駅からは 硬臥、軟臥座席の販売がない所も多いので現地の旅行会社に頼む必要がある。人気の観光都市には日本語が通じる旅行会社も多いので切符一枚に30元程の手数料を払えば購入出来る。長距離や、硬臥、軟臥座席を希望する場合は一週間位前に予約して置くのが確実である。

4 乗車の仕方
 改札の時間は大抵、発車時刻の30分前に始まるので切符を事前に購入済みであっても発車時間の40分前には駅に着きたい。駅には列車事に待合室がある所もあれば皆で大きい待合室で待つこともある。人が込み合って座る座席がない場合は有料の休憩室を利用すればいい。一時間5元から20元でベット付きの休憩室が用意されてる駅も多いので有用に使いたい。
駅の入り口では荷物のX線検査が行われる事もあるので、荷物の中に運送禁止(アルコール、花火、大量のライタ、易燃物)などの物が入ってるか事前にチェックして置く必要もある。改札が済めば人の流れに沿ってホームへ出て発車ベルが鳴るまで待つこと。列車が着いたら急がずに最後に乗って乗務員に切符を見せて寝台か、座席に行けばよい。列車が着いたら込み合って列車に上がろうとする人々も見かける場合があるがそれは自由席で先に上がって空き席を占めようとする目的なので、寝台車か指定席を持ってる場合は一緒に込み合って乗る必要はない。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 12件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.