"中国何でも1位" > 国際・政治

본문 바로가기

サイト内検索

国際・政治

"中国何でも1位"

ページ情報

no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-17 21:21 view 4,714回 コメント 0件

本文

中国が多様な分野でアメリカを追い抜いて世界 1位に上がるはずだという見込みを裏付ける統計がアメリカの世論を沸かしているポブスは 26日(現地時間) 中国が人口ではもちろん経済成長及び生産などでアメリカをすぐ越すと報道した。中国人口は 13億人に至り、世界最大人口を誇る。

経済成長速度も世界 1位で、中国は 1970年代以後平均 9.7%の成長率を維持している。今年中国は世界最大工業産品輸出国であるドイツを追い抜いて世界一の最大工業産品輸出国なると報道した。

中国政府統計によると 2007年中国に対する海外投資は 112億ドルに達し、これは前年対比 110% 増加した。
成長と伴ってインフレーションも深刻化する一方で中国政府は 1月消費者物価指数(CPI)が 7.1%を記録して 11年ぶりに最高値を記録したと明らかにした。中国外為保有額は 1兆5300億ドルに達し、これは世界で二番目の日本より 5000億ドルも多い規模である。

 去年中国の自動車生産は 880万台に達し、前年対比 22% 増加した。専門家たちは 2012年は中国がアメリカの自動車生産規模を追着くと予測した。国際エネルギー機構(IEA)は 2010年中国がアメリカを押して世界最大エネルギー消費国になることと見通した. オランダ環境評価庁(NEAA)は 2007年報告書で、中国は世界最大の二酸化炭素排出国だと説明した。
2006年中国の大学卒業生数は 240万名にのぼってアメリカ、日本、フランスの卒業生数の合計をしのいだ。専門家たちは 21世紀は中国の時代になると言う。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

Copyright © china7.jp. All rights reserved.