中国経済はオリンピック後も繁栄  > 国際・政治

본문 바로가기

サイト内検索

国際・政治

中国経済はオリンピック後も繁栄 

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-17 21:23 view 4,287回 コメント 0件

本文

北京オリンピックが中国経済に及ぶ影響に対する見込みが続々と出ている中、世界銀行の先任副総裁兼首席エコノミストに任命された林毅夫は最近の演説で中国経済はオリンピックが終わった後にも継続的に繁栄すると説明した。

 林副総裁は先月24日北京大学で開かれた '中国経済観察' セミナーで北京オリンピック以後中国経済が沈まないと見通して具体的な理由を提示した。 第一ギリシア、 オーストラリアなどのようなオリンピック開催国たちはオリンピック後は世界的な行事が少なかったが中国はオリンピック後にも大型行事が開催される。
 
2010年上海世界貿易博覧会を含めて広州アジア大会などのような大型行事開催のためのインフラ施設の投資がつながるので経済が繁栄するはずである。 第二オリンピック準備に大規模の投資が成り立ったが中国はオリンピック後経済沈滞にあった国家とは比較もならない位の経済力を見せている。 

例えば2006年中国の国内総生産値(GDP)はギリシアオリンピック開催当年GDPの 17倍、オーストラリアオリンピック開催当年 GDPの 7.5倍に達したので、他国のオリンピック後不況説は中国には通用しないと説明した。
第三中国はオリンピック後の何年間も大型プロジェクト基礎施設による大規模投資がずっと成り立つので、むしろオリンピック後に経済がもっと発展するはずである。 林副総裁によれば中国のインフラ施設に対する広い投資空間と各産業別の発展潜在力、国民消費の活性化、 外部投資の拡大と維持などのような有利な条件は中国経済の長期的発展を導くことと予想されて経済沈滞は憂慮する必要がないと表明した。
   編集担当 LGI

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

Copyright © china7.jp. All rights reserved.