社会科学院調査 全国の家庭95.8%が住居を所有 > 社会・文化

本文へ
サイト内検索

社会・文化


社会科学院調査 全国の家庭95.8%が住居を所有

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,134회 작성일 08-12-16 22:58

본문

中国社会科学院社会学所・社会発展室の李イ博士は、2009年版「社会青書」の発布会において、大多数の家庭は住居を所有しており、家庭に於ける最も基本的な財産となっていることを述べた。調査によると、全国の家庭における95.8%がマイホームを所有している。中国新聞網が伝えた。

李博士によると、所有者自身による住宅の資産評価額を調査した結果、1軒あたりの平均額は15.8万元となった。都市部・農村部における価格の違いは非常に大きく、基本的に、中潤オ小規模の町や農村と比べると、大潤オ中規模の都市の一人当たりの住宅面積は小さく、評価額は高くなっている。

調査によると、国民の70%が「生活レベルが向上した」と思っており、17.7%が「変わらない」と答えている。

「人民網日本語版」2008年12月16日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 317건 21 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
881
어제
768
최대
1,348
전체
348,310


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.