社会・文化

中国の戯劇賞「梅花賞」が発表

페이지 정보

본문

 第2回中国戯劇賞・梅花演劇賞の選考大会がこのほど閉幕し、徐俊霞(河南省豫劇一団)、陳新琴(商丘市豫劇団)の2人(共に河南省)が「梅花賞」を受賞した。河南省で梅花賞を受賞した役者はすでに23人に上る。河南省戯劇家協会がこのほど明らかにした。

 第2回中国演劇賞・梅花賞の選考大会は、1983年の梅花賞創立以来はじめて北京を離れ、南会場の杭州と北会場の平頂山でそれぞれ行われた。28の省、直轄市、自治区および、香港特別行政区、人民解放軍部隊、中央直属の芸術院団からの推薦と審査委員会による評価をもとに、計21演目から役者50人が最終選考に選ばれた。審査では、1次予選で41人が通過、2次予選では7人が通過、最終的に2人が受賞する。

 河南省では3人が北会場の最終予選に残ったが、最終的に河南省豫劇一団の徐俊霞さんが豫劇「紅菊」での演技、商丘市豫劇団の陳新琴が豫劇「大祭」での演技を評価され、梅花賞を獲得した。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年5月21日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 317건 / 15페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 87 명
  • 오늘 방문자 672 명
  • 어제 방문자 955 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 54,095 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개