政協会議副議長、ダライ・ラマの特使と会談 > 社会・文化

본문 바로가기

サイト内検索

社会・文化

政協会議副議長、ダライ・ラマの特使と会談

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 10-02-02 14:35 view 2,431回 コメント 0件

本文

中国全国政治協商会議の杜青林副議長はこのほど北京で、ダライ・ラマの特使であるロディ・ギャリ氏、ならびにケルサン・ギャルツェン氏と会談した。

杜青林副議長は代表一行に対し、新中国成立60周年を各民族で祝ったことや、金融危機対策の成果、および国家第5回チベット業務会議の進捗状況などについて説明した。

また、ダライ・ラマに対する中央政府の政策については、「明確かつ一貫している。対話の扉は常に開かれている。この原則がこれまで変わったことはない」と述べた。

その上で、「ダライ・ラマが会談の進展、ひいては、中央政府との関係改善を本当に望むのであれば、歴史を尊重し、現実を見極め、自らの言論と行動を徹底的に反省する必要がある。そして、実際な行動により中央政府と全国国民の信頼を得るべきだ。『チベット独立』や、『形を変えた独立』、『チベット問題』の国際化、または反中国勢力への加勢には、いずれも前途はない」と強調した。

それに対し、ロディ・ギャリ氏とケルサン・ギャルツェン氏は、自らの主張を述べるとともに、関連の状況をダライ・ラマに報告すると語った。

「中国国際放送局 日本語部」より2010年2月2日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 317件 4 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.