日本選手団 五輪は波乱の幕開け > 社会・文化

본문 바로가기

サイト内検索

社会・文化

日本選手団 五輪は波乱の幕開け

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-08-11 11:49 view 1,691回 コメント 0件

本文

柔道 日本の花形選手が敗れる

日本の2人の花形選手が負けた。谷亮子選手はずっと柔道女子48キロ級の覇者で、順調に3連覇を遂げるはずだったが、意外にも決勝戦に進むことができず銅メダルだった。金メダルの期待がかかっていた柔道男子60キロ級の平岡拓晃選手も、初戦の2回戦でまさかの敗退を喫し、米国のウィリアムズ・マレー選手に敗れ、マレー選手もその後の試合で敗れたため、敗者復活戦にも進むこともできなかった。

バドミントン:女子シングルス、広瀬栄理子選手が2回戦に

北京工業大学体育館で8月9日午前9時20分に行われたバドミントン女子シングルス予選で、広瀬選手の1回戦の相手がけがで途中棄権し、広瀬選手は2回戦に進んだ。

水泳:北島康介選手が決勝戦に進出

北島康介選手は、9日に行われた100メートル平泳ぎ予選で、59.52のタイムで第8組トップだった。北島選手は自らのタイムに満足しており、次の決勝戦で世界記録更新をかけて試合に臨む。

サッカー:男女子とも黒星

サッカー女子予戦で、日本は米国チームに0-1で負け、7日に行われた男子サッカーB組の日本は、米国に0―1で負けた。日本の男子は、10日にナイジェリア、13日にオランダと対戦する。

体操:男子団体の予選で2位

 8月9日に行われた体操男子団体の予選では、中国が374.675点で8チーム中トップになり、日本は中国との差が5点以上になり2位だった。冨田洋之選手は跳馬で失敗、つり輪でもミスが出て、91.9点で個人総合4位。

「チャイナネット」 2008年8月10日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 317件 27 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.