社会・文化

史上最年長67歳の法華津寛、44年ぶりの五輪

페이지 정보

본문

8月13日と14日の2日間、馬場馬術の競技場で50歳以上の男子、女子選手らが貴族の正装を身にまとい、帽子をかぶって、競技場で人馬一体となったテクニックを披露し、現場の何万人もの観客に、真の「馬術のバレエ」とは何かを見せてくれた。


67歳の「寛おじいさん」は最年長者

統計によると、今大会の馬術競技に出場した選手47人の中で50歳以上の選手は7人、40歳以上は22人、1970年代生まれの選手は16人、1990年代以降の選手は1人しかいないという。日本の選手、67歳の法華津寛は今大会の最年長選手となっている。同様に58歳の日本の女性選手、八木三枝は、今大会の最年長女性選手となっている。

日本のメディアに“爺の星”と呼ばれる法華津寛の愛馬“ウィスパー”はバナナが好きな11歳の牝馬だ。

法華津寛は厳粛でまじめなお年寄りで、「彼は毎日、練習場で練習し、ある時は朝7、8時から、ある時は夜遅くなってから練習に来る」と語る厩舎のスタッフは、軽々しくしゃべったり笑ったりしないこの日本の老人に深い印象を残している。

「自らの練習スケジュールがあり、毎日これに従って練習を行っている」。取材を受けた法華津寛は若者のような身なりで、足取りも軽くしっかりとして、少しも老人くさいところがなく、後ろ姿を見れば、彼が北京五輪に出場した最年長選手だとは誰が想像できるだろうか。


44年ぶり2回目の五輪出場

裕福な家庭に生まれ育った法華津寛は若い頃、いつも上流社会の東京馬術クラブに出入りしていた。1964年の東京五輪で、23歳の法華津寛は障害飛越種目に出場し、40位に甘んじた。これは彼にとって大きなショックとなり、一時は馬術を放棄した。その後、妻の激励と啓発のもとで、彼は改めて馬場馬術の練習を始めることを決めた。

2008年、67歳の法華津寛は44年ぶりに五輪競技場に戻った。

法華津寛は馬術選手というだけでなく、薬品関連会社の社長でもあり、常に日米間を往復するとともに、また日本のある会社の理事でもある。仕事がとても忙しいにもかかわらず、彼はますます馬術から離れることができなくなった。

体調次第でロンドン五輪にも出場

67歳のお年寄りとして、どのように自らのコンディションを若者のように保っているのか。これについて、彼は自分の経験を次のように話す。うまずたゆまず練習に励むほか、30年前には禁煙もした。最も重要なのは、若者に負けない気概を持つことだという。

4年後のロンドン五輪の時に71歳の彼は再び馬術競技で五輪に出場することができるのか。「体調さえ許せば、私は放棄しない」と法華津寛は話した。

「北京週報日本語版」2008年8月19日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 317건 / 25페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 21 명
  • 오늘 방문자 851 명
  • 어제 방문자 883 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 44,191 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개