≪貴州省の茘波(れいは)が世界自然遺産に登録!≫ > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


≪貴州省の茘波(れいは)が世界自然遺産に登録!≫

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,185회 작성일 08-04-17 22:11

본문

ニュージーランドのクライストチャーチで開かれた第31回世界遺産委員会は6月27日審議し、〔貴州省の茘波、雲南省の石林と重慶直轄市の武隆〕が共同で申請した「中国南方のカルスト地形」を世界自然遺産に登録することに同意されました。
「中国南方カルスト」の遺産登録申請の成功により、中国の世界遺産(自然遺産・文化遺産)の総数は34に達し、自然遺産ではこれが6カ所目となりました。

●貴州省茘波のカルスト地形は貴州高原南部の傾斜地にあり「中国で最も美しい10大森林」に選ばれています。
総面積は21285ヘクタール、森林のカバー率は88.54%で、中国、ひいては世界の同緯度の地域では珍しいカルスト森林生態系と生物遺伝子バンクであり、「地球上のエメラルド色のベルト地帯」と呼ばれています。ここの一帯はブイ族、水族、ミャオ族、ヤオ族などの少数民族が集中して定住しているところでもあり、これらを含めて茘波は「中国の中で最も貴重な環境」として選ばれた訳です。

●昆明市から70キロ離れた石林イ族自治県に位置する石林カルスト地形は「雄大・奇観・幽玄」と称され、「世界のカルスト地形のエッセンス」と呼ばれています。
厳寒も酷暑もない気候にも恵まれていることから、自然の景観、民族の風習、レジャー観光、学術調査等を含め、一体化された著名な観光エリアとなっています。

●重慶市武隆地域のカルスト地形は武隆の中部と東部に位置しており、芙蓉洞芙蓉江、天生三橋と後坪ウバーレからなっています。 カルスト地形とは石灰岩と白雲岩を主とした炭酸塩類岩石からなる地形。中国のカルスト地形は面積が広く、地形の多様性・典型性があります。
そして、生物の生態が豊富という特長も兼ね備えています。 「中国南方カルスト」は中国のカルスト地形面積全体の55%を占め、貴州省茘波県の森林カルスト、雲南省石林イ族自治県の剣状、柱状、塔状のカルスト、重慶市武隆県の天然のアーチや峡谷、洞窟を代表とする立体的なカルスト地形などがあり、50万年?3億年をかけて形成されました。
総面積は1460平方キロメートルに達します。 「中国南方カルスト」は世界自然遺産として中国で初めて、複数の省が共同で登録申請したもので、長い地質年代を経た、世界でも重要かつ典型的な特徴のカルスト地形です。
古いカルストの跡が残っているだけでなく、現在でも形成されつつあるのです。
青蔵高原の隆起の影響を受け今日まで形成されてきた「中国南方カルスト」は、熱帯、亜熱帯におけるカルスト隆起地域の構造とプロセスを完全に体現しており、地域の水循環ネットワークや長江三峡の形成を研究する上で貴重な資料を提供するもので、世界でも類を見ないと言われております。

出所:貴州省青年旅行社 http://www.gzcyts.com/jp/
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 19 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
669
어제
817
최대
1,120
전체
296,899


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.