李白と杜甫の故居を含む65カ所の重要文化財が地震で被害 > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


李白と杜甫の故居を含む65カ所の重要文化財が地震で被害

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,601회 작성일 08-05-24 01:25

본문

四川省は昔から名士が集まる地であり、震源地の豎カ川は禹の故郷として伝えられている。また李白や則天武后、蘇軾も四川省の出身だ。今回の大地震では、千年以上保存されてきた四川省の文化財や古跡が甚大な被害を受けた。

国家文物局が明らかにした情報によると、四川省にある128カ所の全国重点保護文物に指定されている文化財のうち、19日までに65カ所が損壊し、継続調査によりこの数字はさらに増える可能性があるという。

被害を受けたリストには、世界文化遺産の都江堰、諸葛亮を祭る武候祠、杜甫の故居の杜甫草堂、李白の故居、王建墓、蘇軾父子を祭る三蘇祠、丹巴の望楼、峨嵋山の古建築群が含まれている。

また60カ所の博物館や文化財の管理所、記念館、文化財を保管する倉庫が被害を受け、そのうち北川県、青川県、漢源県の文化財の管理施設が全て倒壊した。19日までの調査結果によると、148点の貴重な文化財を含む841点が被害にあった。

三星堆博物館と金沙遺跡博物館は、高い規格で建てられていたため、幸いなことにほぼ無事だった。三星堆博物館では2つの陶器、金沙遺跡博物館では、2号館の一部の陶器が割れただけだった。

「チャイナネット」2008年5月22日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 18 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
881
어제
768
최대
1,348
전체
348,310


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.