重慶、大足石刻保護プロジェクトを実施 > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


重慶、大足石刻保護プロジェクトを実施

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 1,883회 작성일 08-07-19 02:22

본문

大足石刻芸術博物館によると、大足石刻保護プロジェクトが国家文物局の認可を得て、実施されることになった。
大足石刻宝頂山の千手観音像は南宋年間(1127~1279年)につくられ、石龕の高さは7.7メートル、幅12.5メートルで、15~30メートルの崖の上に塑像されたものである。1007本の腕があり、それぞれの手のひらには目が彫刻されているので、「千手千眼観音」とも言われている。大足石刻は1999年に世界文化遺産リストに登録された。

現在、大足石刻の保存状態は望ましくなく、特に風化作用で湿気による金箔の剥落がひどく、塑像全体の保存に脅威を与えている。中国文化遺産研究院は、たび重ねて専門家を組織して現場を調査し、宝頂山の千手観音像の現状を分析して、「大足石刻宝頂山千手観音応急修理案」を作成し、国家文物局に提出した。これによって関連の保護作業が始まった。

「チャイナネット」2008/07/18

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 16 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
759
어제
829
최대
1,348
전체
344,931


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.