乾隆皇帝が承徳で築造した「ポタラ宮」 > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


乾隆皇帝が承徳で築造した「ポタラ宮」

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 1,988회 작성일 08-11-13 23:47

본문

乾隆35年(1770年)は乾隆帝の60歳の誕生日(中国では、60歳、70歳、80歳などの誕生日が特に重視される伝統がある)で、翌年は乾隆帝の母親の80歳を迎える年だった。そのためチベット、青海、新疆、モンゴルなど各地の首領は、お祝いのために承徳に集まってくることになっていた。

 

乾隆皇帝はこの2つの盛会を非常に重視し、チベットのポタラ宮を模して承徳に普陀宗乗之廟を築造した。「普陀宗乗」はチベット語の「ポタラ」の意訳で、この廟も「ポタラ」の異名を持つ。しかし実際のチベットのポタラ宮ほどは大きくないため、人々からは「小さなポタラ宮」と呼ばれてきた。

 

普陀宗乗之廟の白台、山門、碑亭などは山麓に作られており、大紅台や屋敷は山の頂上に建てられている。建築群は主に、山門、碑亭、五塔門、瑠璃牌坊と、大小さまざまな白台、大紅台の3つの部分に別れている。「白台」が上部の「紅台」を支えるように×の形をしており、下には山門、碑亭、五塔門、瑠璃牌坊などが配置されている。中国の寺院でこうした建築物の配置は珍しい。

 

大紅台の南側の中心の壁には、6つの瑠璃製の仏龕が上下にはめ込まれ、六体の無量寿仏が安置されている。また中央部の万法帰一殿の屋根は、700キロにも及ぶ黄金で覆われており、中には銅製の仏像が多く祭られている。

 

「チャイナネット」2008年11月13日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 13 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
200
어제
827
최대
1,120
전체
295,613


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.