トン族大歌・マオタイ酒醸造が「世界遺産」に立候補 > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


トン族大歌・マオタイ酒醸造が「世界遺産」に立候補

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,540회 작성일 08-12-23 23:58

본문

  109日、貴州省文化庁の情報によりますと、今年中国から国連教育科学文化組織に申請する35項の「人類口頭と非物質の世界遺産」の中で、貴州に関係のある内容が2つあります。それは貴州のトン族の大歌とマオタイ酒の醸造技術です。関係書類と映像資料はすでに中華人民共和国の名義で正式に国連教育科学文化組織に提出されました。その結果は来年9月に国連教育科学文化組織から発表されます。 <?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

  トン族の大歌はアカペラが多く、指揮もなく、自然なハーモニーが特徴です。これらは古く、「音楽の天才」と呼ばれたトン族の先人達が創造し、今日に受け継がれたものです。国際的にも正に優れた民間芸能であり、人類の文化遺産の1つであります。

198610月、「貴州省黔東南州民間トン族大歌合唱団」は、フランスのパリの秋の芸術祭に参加しました。その時、祭りの実行委員会主席であるジョセフィー氏(郤ヲ瑟芬邇帛ー鐀扈エ茨)はトン族の大歌を聴き、「アジアの東にある百数万人の少数民族。その伝統の歌は、とても素晴らしい。素朴で且つ美しいハーモニーを創造し、良く伝承されている。これは世界でも貴重な歌です」と絶賛しました。

  貴州マオタイ酒は「中国蒸留醸造伝統技術」という内容で、山西杏花村の汾酒・瀘州老窖の酒と一緒に「世界遺産」に申請されました。中国蒸留酒は世界三大蒸留酒の中の1つです。それは麹を利用して発酵させます。ヨーロッパのウイスキーやブランデーと違う方法で醸造し、独特な酒の品質を造り出しています。中国蒸留酒の醸造方法は口で伝え授け、すでに千数百年と言う歴史を残しております。原料と製造技術が独特であるため、中国蒸留酒には何種類もの香型があるのです。その中で主な香りのタイプとしては濃香型・清香型と醤香型があります。貴州のマオタイ酒は醤香型白酒の代表であります。


                            ニュース提供: 貴州省中国青年旅行社

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 12 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
415
어제
813
최대
1,348
전체
347,076


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.