観光ビザ発給の緩和で、日本旅行ブームが到来? > 旅行・滞在

本文へ
サイト内検索

旅行・滞在


観光ビザ発給の緩和で、日本旅行ブームが到来?

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,647회 작성일 09-02-14 00:38

본문

日本メディアの報道によると、日本の観光庁は自民党観光対策特別委員会で10日、中国人富裕層の個人旅行を解禁する方針を示した。3月末頃までに観光ビザ発給条件の修正案をまとめる。「新聞晨報」が伝えた。

上海の旅行社によると、個人観光ビザ政策が緩和されれば、日本ツアーの観光客数は30%以上増えるとみられる。日本ツアーは現在、6日間の旅が主流で、短期間でも4、5日のものが多い。ビザ発給の緩和後は、週末を使った2泊3日の旅なども打ち出される見込みだ。

▽「家族ツアー」の失敗

観光客の増加を促すため、日本政府は昨年3月1日から、観光ビザ発給条件を緩和する政策を取った。ガイドの同伴があれば、2、3人の個人客でも観光ビザが下りるようになった。だがこの政策には依然として制限が多く、ツアーの引率者やガイド、専用ドライバーなどもつけなくてはならない。平均費用は、2人で旅行すると一人2万元以上となる。政策実施から昨年末まで、このビザを取得した人は10人に満たなかった。「日本が打ち出した家族ツアー戦略は失敗に終わった」と上海青年旅行社海外旅行部の周迎風・総経理は語る。

▽リピーターのニーズ

上海錦江旅行社海外旅行部の楊東・副総監によると、日本旅行の主流は「6日間の旅」で、一部には4、5日のものもある。そのほとんどは、初めて日本を旅行する人を対象にスケジュールが組まれている。「大阪・東京6日間の旅」や「北海道・東京6日間の旅」などの中心的ツアーは、スケジュールが整っているというメリットはあるものの、新鮮さを欠く。特定の観光スポットや地方文化に興味があっても、それ以上の見物はできない状態で、観光客の個別のニーズを満足することはできなかった。

多くの旅行社が設けている日本ツアーはどれも主流ルートばかり。「北海道スキーの旅」「沖縄リゾートの旅」「九州温泉めぐり」などの変わったルートは、休暇期間などに限って打ち出されていた。日本観光のリピーターには個性的なルートを希望する人も多いが、政策の制限があるため、短い時間に主要スポットをめぐるスタイルが依然として主流だった。



▽今後は週末旅行も

上海の複数の旅行社によると、日本ツアーの開放以来、観光客数は毎年20%前後で増加してきた。若いホワイトカラーの中には個人旅行で日本に行ってみたいという人も多く、日本ツアーに参加したことのある人にはとりわけこのようなニーズが高かった。日本旅行そのものもリピーターを生みやすい市場だ。もっとも上海青年旅行社の周迎風氏によると、個人観光ビザで日本を旅行すれば、そのコストはツアーよりずっと高くなるはずだと語っている。

専門家によると、観光ビザ政策の緩和後、週末を利用した2泊3日のツアーなども多くなっていく見通しだ。温泉やディズニーランドなど特定の目的地への観光も人気になるとみられ、リピーターも大幅に増えると予想される。

▽日本ツアー開放の歩み(資料)

2000年 中国人の自費での日本観光旅行が開始

2005年 中国人の日本ツアーの全面的開放を日本が宣言。ツアーの規模は、ガイド1人を含む5人から40人とされた。そのため、ツアーの最低人数は4人となっていた。

2008年 日本がビザ発給の条件を緩和。ガイドが付き添っていれば、2、3人の個人旅行者もビザを取得できるようになった。

「人民網日本語版」2009年2月12日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 191건 11 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
733
어제
997
최대
1,120
전체
324,946


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.