安徽省の春秋時代の墓から大きな新発見 > 話題ニュース

本文へ
サイト内検索

話題ニュース


安徽省の春秋時代の墓から大きな新発見

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,887회 작성일 08-06-16 21:17

본문

 

 

安徽省蚌埠市淮上区小蚌埠鎮双蠅ゥ村にある蚌埠双蠅ゥ1号陵墓の発掘では大きな新発見があり、専門家は今までに見たことのない新たな文化と建築物の遺跡だと話す。

蚌埠双蠅ゥ1号陵墓の発掘作業は2006年12月から始まり、今ではほぼ終了している。専門家は副葬品や墓の構造から、この遺跡を春秋時代のものと判断している。

この遺跡には、以下のような今までにない状況が見られる。

一、墓は、黄色、灰色、黒、赤、白などの5つの色の土を混ぜたものでふさがれている。これらの土は様々な場所から集められ、人為的にそれぞれ違う土に混ぜ合わせたと考えられる。

二、墓の底の部分や墓の入り口の外では、厚さ30センチ、直径60メートルの白い泥の堆積層が発見されている。このような堆積層は、今までの陵墓では見つかっていない。

三、墓は丸い形をしており、土を埋めて放射線の形を作っている。専門家は、放射線は象徴的な天文遺跡なのではないかとしている。

四、土人形や土人形で築かれた壁の遺跡が発見されたが、中国ではこうした遺跡はまだ発見されていない。これらの土人形は、上部が尖り体は丸いか方形をしている。表面には縄の跡が残っており、高さは20センチから25センチ、直径は10センチから15センチ。専門家は、置かれた場所や数から推測して、星座や流星群などを象徴し、またその形から推測して、神話中の女帝の女蟐ァが、土で人間を作るという伝説に関係があるのではないかと考えている。

 

 

 

その他にも、墓主や共に埋葬された10人の歯や遺骨、古代の打楽器の編鐘や鼎、酒を温めるのに用いた器の「逶堰v、鈴、矛、盾、鏃、剣、馬車などの銅器が約60点、石器、陶器、玉器などの副葬品も発見されている。

 

 

この墓の関連文献はまだ見つかっておらず、墓主の身分も不明だが、墓の規模から考えると、諸侯あるいは王のレベルの墓だと見られ、安徽省文物考古研究所の楊立新所長は、淮河流域の徐淮夷方国と関係があるかもしれないと話している。

 

「チャイナネット」2008年6月16日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 62건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,261
어제
1,348
최대
1,348
전체
343,341


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.