アジアの経済モデル、従属型から自主型に転換 > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


アジアの経済モデル、従属型から自主型に転換

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,252회 작성일 09-09-19 10:27

본문

金融危機の影響を受け、アジア経済は「従属型」から「自主型」へと転換を始めている。この経済成長モデルの大きな変化はアジアの経済構造に影響するだけでなく、世界経済の既存構造への挑戦ともなり、資本市場を含む多くの市場に影響する。

金融危機から1年が経過した。この1年で、世界経済は錯綜し見通しもはっきりしなかったが、一つの変化があったことは明らかである。金融危機の打撃を受けてから、アジアの経済成長モデルは微妙に変化し、「従属型」から「自主型」への転換の兆しが現れた。アジアにとって、この変化はよくあることではない。成長モデルの変化はアジアの投資、消費、ビジネスモデルに影響するだけでなく、資本市場を含む世界経済秩序にプラスの影響をもたらすことにもなる。

長期にわたり、アジア経済は主に外需に頼って成長を維持してきた。日本のような先進経済体であっても、中国のような新興経済体であっても、工業化を真っ先に実現した国・地域であっても、その他の後出の優秀国であっても、発進時にはみな加工貿易方式をとっている。日本や韓国なども長期にわたって外需に依存していた。

欧米などの先進経済体が引き起こした今回の金融危機は、私たちに教訓を与えた。外需には多くのメリットがあるが、自身の需給構造を捻じ曲げ、産業構造と住民消費の構造が不釣り合いとなることを気付かされた。外需が萎縮すれば、企業だけでなく無数の産業労働者も被害を受け、地域全体の経済が混乱することになる。

多くのアジア諸国と地域は現在、内需の中から成長の原動力を見つけ出し、アジアは内需、特に消費で経済成長を促進する必要があると考えている。これは現在の危機に対応するためだけでなく、新たな発展の道を模索するためでもある。

また、アジアの経済成長を見ると、アジア経済はすでに内需に頼り安定した成長を維持する新たな段階に来ている。過去30年、アジア経済、特に中国経済の急速な発展は世界から注目されてきた。アジアには日本のような先進国もあれば、中国のような後から発展した国もある。アジアの1人当たりGDPは、アジアがまた上昇段階に入ったことを示している。

需給構造を見ると、アジアの生産と消費には特徴があり、アジア経済の内在の平衡を実現させ、良好な内部循環を形成することにより、国際金融危機のような外的ショックを食い止めることができる。供給について言えば、アジアは「世界の工場」で、世界最大の製造業基地である。第一次産業、第二次産業、第三次産業がそろっており、大部分の需要を満たすことができる。需要については、アジアは世界で最も人口が多い地域で、市場が最も大きく、発展の差が最も大きい地域でもある。様々な異なる需要はアジアに無限の可能性をもたらしている。

アジア諸国と地域は現在、共同利益や共同発展の面において積極的に模索している。欧米などの経済大国もアジアとの協力強化を望んでおり、アジアの経済成長の原動力で現在の情勢を改善し、世界経済を健全な発展の軌道に乗せようと努めている。

「チャイナネット」 2009年9月18日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 5 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
117
어제
826
최대
1,120
전체
298,018


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.