映画などの日本人像、時代と共に多様化するべき > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


映画などの日本人像、時代と共に多様化するべき

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,426회 작성일 08-12-12 11:36

본문

                   旧日本軍人を演じる日本人俳優
中国のテレビドラマなどで活躍している日本人俳優の矢野浩二さんは、「中国の映画やテレビドラマに出てくる日本人はすべて悪者で、プラスの面を演じる人物は全くいない」と語った。このい言い方はやや言い過ぎだが、中国の視聴者たちが記憶しいる日本人が、ほとんど悪者だという事実は否定できないだろう。

矢野さんは今までに10本を超える抗日戦争に関するテレビドラマに出演した。旧日本軍の軍人を演じて中国でよく知られるようになった矢野さんは、多くの中国人や日本人からののしられている。中国人がののしるのはドラマの人物で、日本人はドラマ以外の矢野さんを非難している。
ステレオタイプな日本人
新中国が成立してから改革開放が実施されるまで、中国人の日本人に対する認識や理解は、ほとんど映画、特に抗日戦争を題材とした映画から得たものだ。マスコミが様々な形で日本を報道している今でも、映画やドラマはまだ日本や日本人のイメージを伝える重要な使命を担っている。映画やドラマに描かれたイメージはとても直接的で鮮明なため、映画を見て初めて旧日本軍の罪悪を知ったという人も少なくない。

特に古い映画の中では、中国と旧日本軍の人物のイメージはステレオタイプに描かれ、内容も単一だ。中国の人物は英雄で、旧日本軍の人物は愚かで残忍な人ばかりだった。両軍が戦う時、中国側はいつも果敢に攻めるが、旧日本軍側は頭を抱えてあたふたと逃げる。



中国の抗日戦争に関する映画やテレビドラマでは、カンフーや銃撃戦が多く、簡単な内容で観衆たちを楽しませながら教育し、抗日戦争に関する基本的な知識を教えることができた。しかしこの粉飾しすぎた文芸作品は、より多くの有益な参考意義は見つからないだろう。

一部の映画やドラマは、敵を馬鹿にするというよりも、自分をだますといったほうが適切だ。このような映画に出てくる愚弄な旧日本軍に勝ったのが本当の歴史ではない。こうした内容は、抗日戦争の価値も低下させた。かつて王震将軍は、「我々の敵は愚かではなく、とても賢い人たちである。敵を愚かだと見なす人はバカだ」と語っている。

日本や抗日戦争を客観的に知るために

矢野さんが出演したテレビドラマ『小兵張蝌氏xの中の斉藤、『烈火金剛』の中の毛利大隊長、『鉄道遊撃隊』の岡村などは、旧日本軍のイメージを大きく変えたが、残酷さは変わらない。矢野さんがこのような悪者を演じたのは、戦争に反対し平和を宣伝したかったためだ。

旧日本軍が中国を侵略した歴史は、中国人がしっかりと銘記し、さまざまな芸術作品を通して記録されるべきだが、中日両国が平和で友好な時代に入った今、作品に日本人の悪者しかいなければ、日本や抗日戦争を客観的に知ることはできない。

時代の発展とともに、映画やテレビドラマでの日本人像を、多様化させるべきだろう。中国人留学生を熱心に援助する日本の高齢者や、自分の職務に忠実である日系企業の社員、甘んじて賢妻である日本の女性などを描くことで、日本人のイメージは真実になる。

「チャイナネット」2008年12月11日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 13 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
491
어제
1,077
최대
1,948
전체
399,837


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.