中日協力の新しい空間 > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


中日協力の新しい空間

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 1,689회 작성일 09-01-11 13:35

본문

北京で開かれた第8回中日戦略対話(2008年2月22、23日)

 

第9回中日戦略対話が9日に日本で開かれた。両国関係が「政冷」の低調期に落ち込んだ2005年にスタートしたこの対話メカニズムは、両国が共同で打ち解ける道を模索した産物といえるだろう。2006年秋に中日関係の「氷を砕いた」ことに、この対話メカニズムは大きな役割を果たしている。今の情勢で開かれる今回の戦略対話には、チャンスとチャンレンジが共存しているといえるだろう。

 

戦略対話と呼ぶ以上、具体的な問題の解決を求める戦術対話ではなく、協力を推し進め、争いを解決する枠組みや方向などを模索するハイレベルの対話であるべきだ。

 

中日両国は2008年5月に4つ目の政治文書に調印し、両国関係の今後のある時期に発展する軌道を敷いた。今後の主な課題は、どのように一連の「隠れた危険」を取り除き、戦略互恵関係の発展を加速させるかにある。第9回戦略対話の出発点は、この2年の両国関係の発展を振り返り、戦略的互恵関係を全面的に推し進めていく両国の共通願望を再確認することにあるだろう。

 

突然やってきた金融危機は、中日両国に大きな影響をもたらし、急に双方の協力の空間を広げた。福岡で昨年12月13日に行われた「中日韓首脳会合」では、「1+1+1>3」という期待を三国の国民に抱かせた。中日両国は今回の戦略対話でチャンスをとらえ、協力を強化して両国の資金や技術、市場、管理パターンなどの分野で互いに長所を補い合うことで、「1+1>2」の成果があるだけでなく、アジアや世界経済にもメリットをもたらすだろう。


国際秩序の認識において両国には当然、相違点があり、歴史認識や海域境界の決定にも論議が存在しているのは確かだ。しかし両国は将来を見通す先見性を持って両国関係を把握し、お互いの国の発展を正しく見定めて対応し、互恵共栄の方向を一貫して堅持することが出来れば、敏感な問題を適切に解決でき、両国関係発展の障害を克服し、安定した発展を実現することができる。

 

中日両国関係は今、「暖かい春」を迎えている。これは容易なことではない。中国ではこの2年、日本に関する世論が次第に穏やかで理性的になり、日本では中国への世論が逆に悪化している。いくつかの日本のメディアは、中国に関する問題をとりわけ大げさに取り上げ、多くの人たちを誤った方向へ導いた。こうした理性的でない反応は、中国の急速な発展に焦燥感を感じていることの表れでもあるだろう。中日の政治関係がよくなって経済依存が深まり、国際協力が始まるのを待っている現実を考えれば、さらに民間の往来を強化し、民間の相互理解を増進することは、中日両国関係の未来が発展する1つのチャレンジである。

 

麻生太郎首相は戦略互恵の共通認識を堅持していると重ねて表明し、中国へのマイナスの見方をするメディアと同じでないのは幸いなことである。日本の政界でも、中国問題を繰り返し宣伝することで、衆議院選挙を迎え撃つことはなかった。しかし日本の政局は引き続き揺れており、始終「嫌中」の世論と距離を保っていくかという問題において、弱い力の執政勢力は試練に直面するだろう。

 

合理的な選択は、対話と意思の疎通を通じて、中日の戦略互恵関係を全面的に推進することで、現実に向かい合い、更に安定した中で進歩を求め、寛容な心と平常な心で、現れる可能性のある問題を取り扱うことだ。

「チャイナネット」2009年1月9日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 12 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
725
어제
853
최대
1,348
전체
367,970


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.