日本人は中国の何が一番好き? > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


日本人は中国の何が一番好き?

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,177회 작성일 09-02-10 21:46

본문

日本人は中国の何を最も好むのだろうか。たぶんこの質問に対する中国の人たちの意見はまちまちで、儒家文化や白楽天の詩と答える人もいれば、中華料理と答える人もいるに違いない。しかし私は三国志だと考えている。

 

日本に滞在していた時、多くの三国志に関する本や漫画、ゲームを目にし、魅力に富んだ三国史は、中日両国をしっかりとつないでいる感じがした。

 

数年前、中国のテレビドラマ『三国演義』の撮影チームは、三国時代の歴史的な古い姿を再現するために、わざわざ日本を訪れた。それは日本に多く保存されている三国時代の古い建築を学ぶためだ。

去年の10月29日に行われた第21回東京国際映画祭の中国映画週間のオープニングでは、麻生太郎首相が映画『レッドクリフ』の主なスタッフと登場。そして『レッドクリフ(Part1)』は、日本で興行成績のトップを占めるアジア映画になり、このことからも日本人にとって三国志がどれほど重要かが分かるだろう。

 

三国時代に関する本で最も有名なのは、中国史学の権威である「二十四史」に組み入れられた陳寿が編纂した『三国志』と、中国の古典文学の四大名著の一つである羅貫中の著作『三国演義』だ。この2つの著作に記された歴史は、日本の近代の運命ととてもよく似ており、日本で起こった三国志ブームは、中国と比べて少しもひけをとらない。


日本での三国志研究は、小川環樹が書いた『中国小説史の研究』を代表とする学術的な研究と、企業の人たちが参加して三国志の知識を活用するための実用的な研究の2種類に分けられる。

『三国演義』に描かれている友情や欺瞞、勝負などは、日本の社会と合い通じるものがあり、忠誠や仁義、知恵、計略、人の使い方などは日本で盛んに活用されており、多くの大手企業は『三国演義』を管理職の必読の書と決め、諸葛孔明の兵法を管理の原則としている。

 

「三国志に登場する人物の知恵は私の最もいい先生」と語っているのは、「経営の神様」といわれた松下幸之助氏だ。製品を作ると同時に人材を育成し、「協力、恩返し、報国」を企業の基本精神とした松下幸之助氏は、三顧の礼をとる劉備の人を使う際の態度を奨励し、才能があれば推挙し、高卒の山下俊彦氏を起用して苦境を乗り越えた。

001ec94a25c50afb7b070b.jpg

日本の漫画

日本には数え切れない三国志ファンがいて、三国志ファンクラブも100以上ある。それに一部の人たちは驚くほど三国志の人物を知っており、三国志を詳しく読むために中国語を学び始める学生も少なくない。また毎年、企業の管理職など多くの日本人観光客が、三国志とゆかりのある場所をはるばる訪ねる。こうしたことからも、三国志の尽きることのない魅力が、中日両国をしっかりとつないでいることが分かるだろう。

「チャイナネット」2009年2月10日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 12 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
881
어제
768
최대
1,348
전체
348,310


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.