「米中」か「米日」の二者択一? 避けられない中米日の三国対話 > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


「米中」か「米日」の二者択一? 避けられない中米日の三国対話

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 1,714회 작성일 09-02-25 12:41

본문

オバマ新政権下で中国・米国・日本の関係はどのように変化するだろうか。今後、中米日の三国サミットが開催されることはあるのか。専門家は、三国対話の可能性はあるが、日本が対話の「第三極」になることはないと指摘する。
日本は、ヒラリー・クリントン米国務長官のアジア歴訪の第一訪問国となった。そして麻生太郎首相は、オバマ大統領がホワイトハウスに迎える初の外国首脳となる。四面楚歌の状態にある麻生内閣にとっては、最大の喜びに違いない。世論調査では、麻生内閣の支持率は1桁にまで落ち込んでいるからだ。

 

世界的に金融危機が広がる中、世界第二の経済体である日本は、輸出産業が大きなダメージを受けている。実体経済への波及も深刻で、米国が日本からの輸入を回復し、危機的な局面から救い出してくれることを切に願っている。もちろん、金融危機の源である米国も日本の支援を必要としている。

 

オバマ新政権には、経済だけでなく安全保障でも難題が控えている。米国はこれまでずっと、日本をアジアの反テロ構造の重要な拠点としてきた。ヒラリー国務長官は日本滞在中、日本はもっと多くの自衛隊を派遣し、米国の反テロを軍事面で援助してほしいとはっきりと述べた。

 

日本も米国も、依然としてお互いを必要としているのである。日米同盟の基礎が変わらない限り、米国の政策は長期的に大きく変わることはないだろう。ヒラリー国務長官も、日米同盟はアジアの平和安定の基礎であると強調した。

しかし、今日の中国は世界の全局面を左右するほどにまで発展し、米国が中国との協力を強化することはすでに変えることのできない趨勢となっている。米国に一方的に庇護されることに慣れてしまった日本が、このような状況に慣れることができず、不満を抱くのは当然のことであろう。

 

日本人は極めて敏感な民族である。外部に少しでも変わったことがあると、すぐに注目する。しかも、中米という、一方は日に日に強大化している隣国であり、一方は盟友である世界の超大国であるのだからなおさらだ。この二国が接近し、自分が捨てられてしまうのを恐れている。

 

『朝日新聞』はヒラリー国務長官に対するインタビューの中で、日米中の三国サミットの可能性について質問した。ヒラリー国務長官はこれに対して、「私たちは三国対話のチャンスがあることを望んでいます」と答えた。これは、現在の受動的な局面を変え、自ら主動的に「日米中」の三角関係を構築したいという日本の切実な望みを反映していると言えるだろう。001ec94a25c50b0f004b02.jpg


ある専門家は、「三国対話はきっと行われるだろう。ただしこのサミットは、中国と米国の二極構造であり、日本は米国と同じ立場に立って、米国とともに一極をなすに過ぎない」と指摘する。

 

米国が現在実施しているのは「柔軟外交」である。単純な二国間関係を深めるだけでは、この不安定な変化の激しい世界に対応することはできない。とうの昔に、「『米日』か、それとも『米中』か」という二者択一の問題ではなくなっているのである。

中米日の三国関係は今後いったいどうなるのか。米国の世界安全研究所中国項目部の孔哲文主任は次のように話す。「米国にとって最も難しい問題は、中国と日本のバランスをどのように取るかです。日本との同盟関係を強化しながら、米中関係と中日関係も疎遠にさせない。これが最も理想なのです」

「チャイナネット」2009年2月25日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 12 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
669
어제
817
최대
1,120
전체
296,899


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.