中日デザイナー、中国工芸品の博物館を共同設計 > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


中日デザイナー、中国工芸品の博物館を共同設計

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,848회 작성일 09-04-04 17:07

본문

杭州扇街のデザイン

中日のインテリアデザイナーが共同で制作した、中国最大のテーマ博物館のデザインがこのほど公開された。今年の国慶節に杭州市でオープンする、中国の代表的工芸品である刃物・扇・傘をテーマとした3つの博物館だ。

展示ホールは全部で9461平米あり、完成後は中国初の工業系国家博物館となる。日本のデザイナー小野真紀さんによると、それぞれの博物館は歴史の起源、社会・文化、製造工芸の3コーナーで構成されている。「この博物館では昔と今の違いが展示され、今後の伝統継承に多大な貢献を果たすとともに観光にも結びつく新たな情報産業のモデルとなる」。

杭州は宋の時代から中国の扇産業・文化の中心だった。中国扇博物館は世界初の扇がテーマの博物館で、三大博物館の目玉となっている。「扇は中国で誕生し、中日文化交流の中で洗練され、欧米にも広く伝わった」。小野真紀さんによると、中国扇博物館では秦の時代からの、扇の内外文化交流の歴史を紹介しているという。中国6大名扇のほか、アジア、ヨーロッパなどの芸術的な扇やその技術が一堂に会している。

「人民網日本語版」2009年4月3日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 10 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
742
어제
1,394
최대
1,948
전체
398,083


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.