中国の社会 > 基本情報

本文へ
サイト内検索

基本情報


中国の社会

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,074회 작성일 08-04-17 23:53

본문

中国の社会


中国は 1978年 3中全会(三中全会)で ''解放思想、 実事求是、 団結一致向前看(思想を解放して事実を通じて真理を追い求めて団結して未来に向かう)''という鄭小平の改革・開放路線を採択して、1982年 (中国特色を持った社会主義)という原則が闡明され、急激な社会の変化を伴った。このような変化はまず農村地域で著しく現われ、革命以後持続して来た社会主義の名残がますます消えた。 1980年代初農業は脱集団化または私営化になって過去人民公社による集体農業は個別農家による個体農業で切り替え、革命以前の状態と類似の自作小農体制に変わった。
1984年以後このような改革は都市まで拡がって国有企業や集体企業たちが賃貸されるとか株式会社になったりし、私営企業も登場した。
また都市の労動集約的工業化の余波で都市人口が著しく増え始め、過去中国が取った都市成長抑制政策はこれにより根本的な変化を持って来るようになった。改革以後急速な都会化は都市労動者たちの所得及び生活水準の格差を深化させたし、農村も多様な私営経済活動の結果で所得格差が大きくなっている。
 この過程で農村の余剰労動力が都市に集中し、 都市と農村の間の社会・経済的格差もまた広げられるようになって離村向都の現象が加速化されている。

1989年 4月[胡耀邦]の死亡に惹起された大学生たちの民主化運動で始まって流血事態で締め切られた天安門事態は軍の発砲で数千人の犠牲者を出して終決された。以後李鵬総理と江沢民総書記などの保守派が政治の中心舞台に上がり、改革の波高が一時的に下がったが1992年鄧小平の南巡講話後はまた開放・改革が継続的に推進され始めた。
1993年 8期 1次全人大では江沢民体制を強固にしながら、閣僚 41人の中 22人を実務型技術官僚に変えるなど世代交代を断行し、改革派を優位に残す保革均衡を成した。 1994年 8期 2次全人大では安定主義の経済政策を採択するなど中国は成長と安定という目標に調和を傾けようとする姿も見え始めた。
中国は多くの人口によって人口増加を強硬に抑制していて ''独り子生育運動''を展開したが, このようなバースコントロール政策で、人口 1,000名当り出生率が 2000年 16.12人
迄減ったし 2005年には女性 1人が平均 1.73人の子供を生むことで効果が現われた。

2006年 8月現在人口成長率は 0.59%で 15歳未満人口は 10.8%、 死亡率は 1,000名当り 6.97人、 出生児死亡率は 23.12人である。 2006年基準で平均寿命は 72.58歳で男は 70.89歳, 女は 74.46歳である。
 しかし 2001年からは 20年間推進して来たこの運動が実效をおさめることができなかったという評価が出る中に地域政府が現地経済事情を勘案して二人子出産を許容する家族法改正案を考慮している。最近には改革・開放過程で不可避に社会犯罪も増えて、 いわゆる 六害と言って売春・ポルノ・人身売買・麻薬・賭博・詐欺および殺人などが大きい社会問題になっている。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 21건 3 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
120
어제
826
최대
1,120
전체
298,021


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.