中国の軍事 > 基本情報

本文へ
サイト内検索

基本情報


中国の軍事

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 15,889회 작성일 08-04-18 00:18

본문

 中国の軍隊編成の特徴は軍隊と中国共産党間の密接な関係にある。 中国の人民解放軍は中国共産党中央委員会主席によって、統率される。 この軍隊には末端部隊に至るまで党組織があって連隊以上には政治委員がいて、政治思想教育を担当する。 正規軍の他にも膨大な民兵がいるが、これは毛沢東の人民戦争論に基礎を置いている。 すなわち、プロの正規軍と人民大衆が有機的に結合することが人民戦争論の核心である。


人民解放軍は戦闘部隊だけでなく、工作隊、生産隊でもある。 毛沢東は人民解放軍の政治的役割を重視し、文化革命期間には人民解放軍が党と行政機関の代わりをして、統治組織としての役割を一手に引き受けることもした。 中国軍には本来階級制度がなく師団長、中隊長など将校に該当する指揮員と一般兵士の戦闘員の区別があるだけだ。 それは紅軍・八路軍を通じて、人民解放軍の伝統を継承した、いわゆる将兵一致の原則に基礎を置いたのである。


6・25朝鮮戦争をたどりながら、中国は軍事戦略を囲んで指導方針に深刻な異見が続いた。 しかし毛沢東が生存する時には毛沢東の人民戦争論が軍部を支配した。 6・25朝鮮戦争に参戦した彭徳懐は参戦経験で人海戦術と思想的武装だけでは戦争で勝利できないとみて軍備現代化と現代的な軍の育成を主張した。 しかし彭徳懐は粛清され、文化革命期まで林彪が毛沢東の人民戦争論を踏襲して、軍部を掌握した。


以後林彪は軍部勢力を利用クーデターを起こし、失敗の後に死亡した。 在来式装備の現代化は後退したが、中国は1956年からミサイルと原子核武器開発を継続してきたし、1980年代に達しては相当量の核兵器を保有した。 中国の本格的な軍現代化事業は1975年鄧小平が軍参謀長に就任して1976年毛沢東が死亡した後、4ヶ現代化計画中 国防の現代化が強調されながら本格化した。


鄧小平は“中国の粘り強い経済成長に基づいて、軍の武器および装備を向上させ、迅速な国防現代化を成し遂げなければならない”と明らかにして、新式武器と装備の開発および導入を指示した。 その結果、中国は最新式武器を開発したし、1985年には15億ドル相当の武器を第3世界に輸出した。 これと共に中国は放漫な軍事組織を再整備するために高齢化した多数の軍幹部らを退役させ、兵力数を減らし、精鋭化した。 このような軍事政策により2001年現在中国軍の兵力は250万人まで減少した。

中国軍は中国革命の動力であり、人民に対する奉仕と国家保衛の任務を充実していることによって中国人民の懇意な友と認識されてきたが。 2001年現在総兵力250万人で陸軍180万人、海軍23万人、空軍38万人、第2砲兵9万人である。 兵役は徴兵制と支援制を併用しながら兵役期間は2年である。 2001年国防費は165億 7000万ドルで、軍部の実際経費は自らの企業から出る収入金が含まれるから実際国防費は国務院の公式発表よりはるかに多いことと推定される。 最近中国は経済発展で軍人数を持続的に縮小して軍の現代化と科学化に拍車を加えている。


2004年現在軍人225万人、戦車7,000台余り、戦闘艦63隻、1千トン以上の潜水艦69隻、核潜水艦12隻などを保有しており、300~450ヶの核弾頭を保有して、米国、ロシア次の核強国でもある。 そして米国のミサイル防御体系(MDS)に対応するために弾頭ミサイルと衛星迎撃システムの開発に力を入れている。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 21건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
532
어제
666
최대
733
전체
57,574


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.