先史人類史 > 中国歴史

本文へ
サイト内検索

中国歴史


先史人類史

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,655회 작성일 08-04-18 00:20

본문


 21.jpg

中国に現れた最初期の人類としては、元謀原人や藍田原人、そして北京原人が知られている。中国大陸では、古くから文明が発達した。中国文明と呼ばれるものは、大きく分けて黄河文明と長江文明の2つがある。黄河文明は、畑作が中心、長江文明は稲作が中心であった。黄河文明が、歴史時代の商、周などにつながっていき、中国大陸の歴史の中軸となった。長江文明は次第に、中央集権国家を創出した黄河文明に同化吸収されていった。

三皇五帝は中国が夏の朝代の前に伝説の“帝王”が現れる時期である。彼らはすべて部落の首領で、実力が強大なため部落連盟の指導者になる。神話によって言い伝えられているにも関わらず、史書の記録ではすべて伝説上の三皇の年代が五帝の年代より早いとなっている。それでも、異なった史家は“三皇五帝”の定義を決めるに相違があり、伝説上の“三皇五帝”は各五つの説がある。現在一番定説となっているのは伏羲、神農、黄帝が中国最初の帝王である三皇である。五帝は少昊、鬚幃。シ、帝蝟セ、蟆ァ、舜である。

この歴史の時期に現存する資料の大部分が神話と縺れる為、真偽を判明するのは不可狽ノ近い。伝説と発見された遺物などを繋げて一番考えられるのは昔黄河流域には姫氏部落があって首領は黄帝でした。この部落は大体陝西中部地区で活動して、主に農業に従事した。近くには炎帝をはじめとする姜氏部落があり、双方はいつも摩擦が発生する。この二つの大きい部落はついに阪泉の戦いが爆発して、黄帝は炎帝を打ち負かして、2つの部落は連盟になる。中華民族はここから発生する。現在でも中国人のほとんどが自分を“炎黄子蟄凵hと称するのもここから起源すると言える。現在の所、その時期の歴史の認識に対して多くの論争が存在するが、この時期に中国が原始社会であった事には論争はない。
史記では伝説といわれる三皇五帝時代に続いて夏王朝について記述されている。夏については実在が確かでなくまた定説もないが商では王が占いによって政治を行う(神権政治)であった事が明らかになった。
商は実在の確認されている最古の王朝であり、以前は山東で興ったとされたが、近年は河北付近に興ったとする見方が有力で、黄河文明で生まれた村のうちで強大になり発展した都市国家の盟主であったと考えられる。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 19건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
604
어제
813
최대
1,348
전체
372,017


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.