中華人民共和国 > 中国歴史

本文へ
サイト内検索

中国歴史


中華人民共和国

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 8,054회 작성일 08-04-18 00:51

본문

1949年 10月 1日中華人民共和国政府を北京に建てて国家主席及び革命軍事委員会主席で選ばれた。 1949年 12月・Aを訪問して 1950年 2月中・F好同盟条約とその他協定を結んだ。 建国後 1949~1955年までは初期変革期に該当、 資本主義を敵視したが劉少奇を中心に政府の迫ヲ的経営が重視されながら中央集権的官僚組職が膨脹した。

1955~1959年の時期は新しい変革期にあたる。毛沢東は実用主義路線に反対しながら大衆路線を強化し始めた。毛沢東は市中心の工業化引き続きに反対して中国の工業化以前に農業集団化を推進することを主張して大躍進運動を展開した。 そして官僚主義化された党を批判して党は人民によって絶え間ない批判の対象にならなければならないと力説した。
これによって中国農村の 99% 以上が集団的な人民公社に再編された。 しかし農業生産力は下落したし、自然災害で中国経済はとても難しい地境に処するようになった。 これにより社会主義のイデオロギーを優先視した毛沢東の農業集団化政策は失敗で終わって、共産党内の路線葛藤がまた現われた。

1959年から文化革命以前である 1966年初盤までは理念よりまた效率性と専門性が強調される時期になったし毛沢東は 2線で退いた. 1959年中共党政治局会議で彭徳懐は毛沢東をしんらつに批判して鄭小平、 劉少奇と連合して人民公社を縮小して自作経営を伸ばし、急進的な政策を緩和させた。しかしこれは少しの間の実用主義路線が強化される時期であり, 以後はまた社会主義理念及び思想への武装を強調するいわゆる文化革命期が渡来しながら中国は残酷なイデオロギー的実験を経験する。
新しい変革期である文化革命期は 1969年まで持続する. 毛沢東は劉少奇との政策論争を通じて劉少奇の実用主義路線が不平等と官僚主義を深化させていると批判して軍部の林彪と連帯して反撃を試みた。
 すなわち毛沢東はこれらの路線には社会主義体制を否定して資本主義的思想が残存しているという点を批判しながら社会主義革命の完遂のために経済国「は勿論で思想の改造を成さなければならないと主張した。

毛沢東は 11全中会で <無産階級文化大革命に対する決定>という文案を通過させて青年大学生を中心に結成された紅衛兵を先に立たせて文化革命を推進した。 紅衛兵たちは共産党内ブルジョア的要素を追い出すための下方運動と旧時代的文化遺産除去運動を主導した。 文化革命には毛沢東の妻江青 など 4人方も力を合わせた。 文化革命期間中毛沢東の路線に反対するリーダーたちは皆批判の対象になり、国家機高ネど毛沢東と群衆の間に置かれた公式機関は皆不信と批判の対象になった。
 1970年代初には毛沢東と林彪の連帯が崩れて軍部の力が弱くなりながら文化革命初期急進派たちが得勢する様相が弱化されて周恩来と同じ中道派が権力を握るようになった。 文化革命の弊害がとても大きかったからこの時期には政策の転換よりは文化革命の弊害を収まるのに力を注いだ時期だった。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 19건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
618
어제
675
최대
749
전체
81,127


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.