夏朝 > 中国歴史

本文へ
サイト内検索

中国歴史


夏朝

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,903회 작성일 08-04-18 00:25

본문

夏朝(前2033?-前1562?)中国の歴史の上で第1王朝です。
4千数年前、夏の部落の首領の禹は治水して功労があるため、虞舜の重用を得て、最後に部落連盟の首領の位を禅譲してもらったのが、夏の王朝の始まりです。大禹が死んだ後に、大禹の息子である蜷ッが即位します。
つまり歴史の上でいわゆる“大禹が位を子に伝える”であり、部落連盟の“禅譲制”の終了と封建の世襲制の開始を宣告しました。
しかし夏の統治は決して強固ではなく、在位する時代に、伯益の武装反乱を起こします。
蜷ッの息子である、太康は国を治めるに無狽ナ、政権を握る期間は更に戦乱は入り乱れて、最後に荳怦ホの后鄒ソに統治権力を奪い取られてしまいます。
后鄒ソも太康と同じく、無狽ネ統治者で、1日中猟に夢中になり、政務を完全に寒豬桙ノ任せた。寒豬桙ヘ権力を握った後に、后鄒ソを殺し自立して王になります。
その後、太康の弟である、少康と夏の大臣達は協力して、軍隊を出し寒豬桙ヌい出し、夏朝の地位の統治を回復しました。これが史称の“少康中興”であり、夏朝の統治はこれでやっと強化して、比較的安定して国勢の向上した時期に入りました。少康から以後の筬、胤甲等の8世代の統治を通じ、政治は安定し、経済は繁栄しました。しかし夏代の第13番目の国王、孔甲の政権から、夏朝は衰亡の道に向かい始めます。
孔甲の“鬼神を好き、淫乱を好む”事に不満を持った人民と諸侯は武装反乱を引き起こします。夏朝の統治はそれから危機が発生して、ただ4世代だけを過ぎて国が滅びる災いを招きました。故に史書は“孔甲が夏を乱して、4世落で滅びる”(《国語・周の言葉》)。

夏朝の最後の国王の桀は、中国歴史の中でも有名な膜Nです。彼が在位する時、無数な宮殿を建築し、兵を挙げて外に征伐したので、諸侯は次から次へと離れでいきます。この時、黄河下流の部落=商は其の首領成湯の指導で繁栄して終に夏の桀を討伐する戦争を始めました。夏の桀は敗けて、南巣(今安徽寿県)で死んで、夏朝鮮は滅亡を宣告します。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 19건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
659
어제
826
최대
1,120
전체
322,165


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.