韓非-韓非子 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


韓非-韓非子

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 9,668회 작성일 09-05-30 00:19

본문

[0]77.jpg

韓非-韓非子の著者


韓非子の著者である韓非は中国戦国時代(B.C475年-B.C221年)の 著名な哲学家、法家学説を集大成した学者で散文家である。

 彼が創立した法家学説は中国初中央集権制統一国家の誕生に理論的根拠を提供した。 韓非子はB.C 3世紀、 戦国時代後期韓の王族家門の生まれだ。 彼は言葉が下手だから言語使いの代わりに著述に上手かった。
 韓非子の生活した時代は韓の国勢がますます衰弱していく時期だった。 韓非子は何回も韓の国王に変法を申し入れながら統治者は必ず富国強兵を重要な課業としなければならないと言ったが、国王は彼の提議を受け入れなかった。それで彼は歴史上国を治めた経験、 教訓と現実社会状況に根拠して <五蠹>、 < 孤憤>、 <内外儲設>。 <説林>、 <説難> など10余万字に達する政治論文を書いて<韓非子>に収録した。
彼の文は韓の国で重視を受けることができなかったが、当時強国である秦国に伝わって秦始皇がよく読む文になった。 司馬遷の [史記]によると韓非子の著書中の[孤憤]と [五蠹]を偶然に秦始皇が見るようになったが、秦始皇は <この本こそ私が待ったのだ。 私がこの人に会うことだけできたら死んでも心残りはない>と感嘆したと言う。 
 当時秦国の丞相である李斯は韓非子の同窓だった。李斯は秦始皇に <韓非子を得たければ韓国を攻撃してください。そうしれば韓の国は必ず韓非子を使臣として送るでしょう>と言ったが、予想どおり韓国は韓非子を使臣として送って和親を協商した。
韓非子は秦始皇を利用して危険に落ち込んだ韓国を救う機会を探していた。 秦始皇は韓非子を落ち着かせて彼を重用しようと思った。 李斯は秦始皇が韓非子を重用することを恐れて韓非子をおとし入れたが、秦始皇は彼の人品を大事にして投獄させるだけに止まった。
しかし監獄に閉じこめられた韓非子に李斯は毒薬を送って自殺することを強要すると韓非子は彼の無罪を立証するために秦始皇を会う機会を懇請したが受け入れられなかった。 秦始皇が自分の過ちを悟って韓非子に釈放命令を下げた時は既に彼が自殺した後だった。 
韓非子の主要著書である<韓非子>は秦国前の法家学説を集大成した著書である。 現存している韓非子の著書は55編なのに約10余万字に達する。 当時中国思想界は儒家と墨家を代表で <法先王>と復古を崇尚したし、韓非子の法家学説は復古を反対した。
韓非子は <仁愛>を主張する儒教学説を反対しながら法治を主張して賞罰を厳しくして農業を重視して戦争を重視する4種政策を申し立てた。韓非子は君権神授を提唱した。 中国の歴代封建専制主義の集権統治の樹立に韓非子の学説がかけた影響はとても大きかった。
韓非子の思想で <法術論>が代表的だ。 ここで <法>は法令を意味するのに韓非子は法は国家統治の根本だと強調した。 法は民が従わなければならない絶対的な基準にならなければならないし、いくら平凡な君主でも法の運用だけよく悟れば立派な政治ができるというのだ。 ここで <術>は法を運用する方法を言う。 
術は君主が一人で胸にたたんで人知れず臣下を制御する方法としてこの方法を他人に絶対に知らせてはいけないし、君主は臣下の言葉が真実なのかを突き通して見る才も無ければならないのだ。
韓非子の文は道理が整然としていて筆が鋭くて透徹して論証が十分で要害を突く特徴を持っている。   
韓非子の文 <五蠹>から出る<五蠹>とは五つの害虫という意味だ。 この文で韓非子は国を蝕む五つの害虫のような部類の人間を次のように列挙している。 
昔の聖賢をほめたたえて仁義を借りて言葉を作り上げる者。 嘘をつけて外勢の力を借りて自分の欲心を満たそうと思う権勢家。 私財を集めて権勢家に諂って戦功を立てた者の功労を黙殺する者。 群れをなして脅威することで名を得ようと思って国法を破る侠客。 碌でない器を作って売ってから奢侈品を買って集めてから時を見て暴利を得て農民が骨切って得るような利益を苦労しなくて一瞬間に得る商人たちが害虫のような人間たちだと言った。
韓非子の文は構想が緻密で描写が大胆で言語がユーモア的で余韻を残す文として世人たちに警鐘を鳴らしてくれる。
韓非子は多くの寓話と豊かな歴史知識を論証資料として抽象的な道理を説明したし、自分の法家思想と社会、人生に対する深い認識を形状的に具現した。 文に引用された寓話はその豊かな内的含意を持っているし、鮮やかな話は人々の口によく上がる慣用熟語になって今まで伝わっている。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
605
어제
821
최대
1,120
전체
271,388


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.