胡錦濤 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


胡錦濤

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 8,292회 작성일 08-04-18 01:06

본문

中国国家主席-胡錦濤


本籍は安徽省 績渓県であり、竜川胡氏の 44代人の彼は1942年中国上海で生まれた。 幼い時お母さんを失って、江蘇省泰州に渡ってお婆さんのもとで成長した。 お父さんの胡静之は泰州のお土産雑貨屋で会計の仕事をしていた。 1959年北京清華大学校の修理工程課に進学して河川発展分野を専攻しながら卒業するまで 6年の間一科目を除いたすべての科目に満点を受けた。
1965年 4月共産党に加入して3ヶ月後大学を卒業した。 大学を卒業した後は約3年間学科の後輩たちの政治教育を担当する政治輔導員をした。

1966年文化大革明の渦を経験しながら消極的に参加する (逍遥派)で過ごした。1967年農村に(下放)になって甘肅省水力発電所に労動者として配置されたが、 以後昇進を繰り返えし1971年修理電力部第4工程局機関の総支部書紀に抜擢された。 この頃大学同窓である劉永清と結婚をして初子供を生んだ。

1974年発電所工事が終わると甘粛省の省都である蘭州の甘粛省建設委員会秘書に就任したし、ここで今後彼の力強い後援者になった当時甘粛省党書記 [宋平]に会った。
 1980年甘粛省建設委員会書紀、1982年共産主義青年団中央委員会書紀及び全国青年連盟第6期主席を経って 1984年共産主義青年団中央委員会第1書紀に任命された。 しかし 8ヶ月後の1985年 '太子党'の牽制で貴州省党書記で押し寄せたし、1988年にはチベット自治区で党書記として勤めた。 この時期にチベット自治区で起きたチベット独立運動鎭圧に成功しながら同時に 1989年天安門事件の危機も避けることができた。
 
7年の間の地方勤務を終えた後 1992年 49歳の年で中央党政治局常務委員及び中央委員会書紀に就任しながら権力の最上部に上がった。 聡さと共に穏やかで謙遜な胡錦濤は江沢民の '核心'の地位を脅威しないように政治行事などで言行を極度に慎むなど愼重な姿を見せて処身に上手いという評価を受けて来た。

胡錦濤は学生時代から歌と踊り、スポーツに凝って来た感性的な人物に知られているし家族関係は清華大同窓である奥さん劉永清以外にお子さん関係などは知られていない。 胡錦濤の誕生日は正確に発浮ウれた資料はないが中国では 12月11日と 12月 21日であるという説が有力である。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 6 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
737
어제
828
최대
1,120
전체
275,806


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.