孫武 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


孫武

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 16,405회 작성일 09-05-30 01:00

본문

76B2.jpg

孫武-孫子兵法の著者


春秋末年の著名な軍事家である孫子は孫武とも言う。 字は長卿で齊国の楽安、今の山東省恵民の出生で彼の先祖は陳国の若君陳完たが、 B.C. 672年陳宣公21年に陳完は内乱で齊国に身を避けて名前を田完と直した。

齊国のために戦功を立てた田書に齊国王は孫氏という姓を下賜して名前を孫書と呼ぶようにした. 軍事的才能がすぐれた孫書は孫子のお爺さんである。
 後齊国に内乱が起きて孫子は故郷を離れて今の江蘇省、安徽省、浙江省一帯の呉国に身を避けた。 孫子はしばらく隠居生活をしている途中ある大臣の薦挙を受けて呉国の闔閭を謁見するようになる. [史記] [孫子列伝]の記載を見れば孫子が呉王を謁見する時呉王が [君の13編の兵書を全部読んだ]と言った記録がある。その13編の兵書が兵法書として史上最高の権威を誇る [孫子兵法]である。

 伝わっている孫子のエピソードで一番広く知られたエピソードは [史記] [孫子列伝]から出る記録でそのエピソードはこのようだ.孫子は呉王闔閭に会った席で宮女180人を二つの陣営に分けて呉王が一番寵愛する二人の宮女を大将とした後訓練をさせたが、宮女たちはまるで新しい遊戯をするようにくすくす笑いながら命令に従わなかった。 それで孫子は大将を引き受けた呉王が寵愛する二人の宮女をその場で首を切った後また訓練をさせた。また訓練をさせると宮女たちは稲のわらを持って火中にでも入るほど訓練に夢中だったというエピソードである。

 呉王闔閭は孫子の能力を認めて彼を将軍にしたし、その後孫子は楚国、齊国、陳国を制圧して遂に呉王闔閭が覇業を成すのに大きい功を立てた。
約 6千余字に逹する [孫子兵法]は始計、作戦、謀攻、軍形、兵勢、虚実、軍争、九変、 行軍、地形、九地、火攻、用間など13編になっている。

孫子は [孫子兵法]で普遍的な意味が込められている一連の作戦原則と作戦方法を申し立てたが、孫子兵法は豊かな軍事弁証法思想を内包している。 彼の兵法思想は中国古代軍事学が成熟されたことを見せてくれる。
[孫子兵法]は世界的に広く知られたし、紀元8世紀に [孫子兵法]が日本に伝わった後18世紀の後からフランス、イギリス、ドイツ、ロシア語で出版された。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
607
어제
1,090
최대
2,961
전체
419,437


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.