蘇武 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


蘇武

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 8,969회 작성일 09-05-31 00:13

본문

11.jpg

蘇武-中国漢朝の忠臣


中国には広く知られたストーリがあるのにそれがちょうど蘇武が羊を放牧した話だ。話は極めて劣悪な環境でも強権に屈しなく、崇高な民族気概を守って来た蘇武の民族気概を謳歌している。蘇武は紀元1世紀中国漢朝の人だ。当時中原地域漢朝と西北少数民族政権である匈奴との関係は変化無双した。紀元100年匈奴政権の新単于が即位すると漢朝皇帝は匈奴との親善をはかるために蘇武に遂行人員100余人そして財物を持って匈奴に行くようにした。蘇武が帰国しようと思う時匈奴上層で内乱が起きて蘇武一行は掛かり合って抑留されたし、単于は蘇武に漢朝を裏切って自分の手下になってくれと強要した。

初めて単于は人を派遣して蘇武に多くの給料と高い官職をくれるという言伝を送ったがここに蘇武は頑として断った。匈奴は説得を聞かない蘇武に酷刑を加えた。時は歳寒だから空ではが鳥毛みたいな雪のひらがこんこんと零れ落ちていた。単于は蘇武を奥深い露天の穴蔵に閉じこめた後水と食べ物を断絶することで蘇武が信念を曲げるように願った。一日また一日,蘇武はのどが渇けば雪で渇きをいやしてお腹がすいていれば身にかけたヒツジの皮でできた服をかみながら飢餓を耐えた。何日の経った後単于は命が無くなるようになった蘇武が相変らず意志を曲げる気配が見えないと蘇武を解いてくれるしかなかった。買収でも強圧的な手段でも蘇武を降参させることができないことを悟った単于だったが、蘇武の屈強な気概に対する尊敬心は仕方なかった。殺そうとすると惜しくてそれでも彼を返そうとすると気が向かなかった。そしてシベリアのバイカル湖(貝加爾湖 )一帯に流して羊を放牧するようにすることに決めた。 蘇武が離れる前単于は蘇武にこう言った。
<君が降伏しないからお前を送って羊を放牧するようにするしかない。 いつでも雄羊が子を生むようになる日お前を中原に帰るようにするでしょう>   
仲間と離れた蘇武は人跡が珍しいバイカル湖に流配された。その所はひとりの力では到底逃げることができない所だったし、漢朝の使節棒と1群の羊の群れだけが彼の唯一の友だった。日々に使節棒を持って羊を駆りながら蘇武はいつかは必ずこの使節棒を持って祖国に帰るだろうと言う信念を固めた。こんなに毎日を過ぎながら使節棒の飾りはますます色褪せて行ったし、蘇武の頭とひげも白くなって行った。バイカル湖で蘇武はえんえんと19年の間羊を駆ったし、その間匈奴の単于が死んで漢朝の皇帝も死んで皇帝の息子が王位を受け継いだ。 その時期に新単于は漢朝と和親政策を実施したし、漢朝皇帝は即時使臣を派遣して蘇武を漢朝で連れて来た。
 
蘇武は漢朝首都で熱烈な歓迎を受けた。政府官吏で平民に至るまで民族気概を曲げない英雄に深い敬意を表した。歳月が経った今日蘇武の崇高な気概は中国倫理人格の見習う事になったし、民族文化の心理的要因になった。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
735
어제
997
최대
1,120
전체
324,948


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.