中国四大美人 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


中国四大美人

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 9,322회 작성일 08-04-18 01:08

본문



中国四大美人-西施,貂嬋,王昭君,陽貴妃


西施(沈魚)

西施は中国の有名な美女で本名は施夷光。中国では西子ともいう。紀元前5世紀頃(春秋時代末期。現在の浙江省紹興生まれ。
越王勾践と呉王夫差の呉越の争いの際に越王勾践の参謀である范蠡の戦略に従い、呉王夫差の女となる。その結果夫差は骨抜きになり、呉国は弱体化し、ついに越に滅ぼされることになる。
彼女が河辺が紗を洗う時、水に彼女の美しい影が照り映えて、更に美しく見え、彼女の倒影を見た魚は泳ぐことを忘れ、だんだん川の底まで沈みます。それから、西施は“沈魚”の別称で広く伝わり始めました。


貂嬋(閉月)

三国時代に漢献帝の大臣の司徒王允の歌の妓女の貂嬋が後花園の明月に礼拝する時、突然微風が吹いて、ひとつの浮き雲が明るい明月を遮ります。この瞬間をみた王允は彼の養女を広く宣伝するために人に会うたびに、私の娘は月と匹敵して、月が照れて急いで雲の後でよけたと自慢しました。そのため、貂嬋はすぐ人々に“閉月”と称されました。

王昭君(落雁)

前漢の元帝の時代、匈奴と交戦して、国境は静かな日になる事がなくなりました。、匈奴の呼韓邪単于が、漢の女性を妻にしたいと、元帝に依頼したが、漢元帝は匈奴を慰めるため、宮内で一番醜い女性を選ぶため、似顔絵帳の中の一番醜い女性を選ぶことにした。似顔絵師に賄賂をを贈らなかった王昭君は、一番醜く描かれていたため、王昭君が選ばれました。昭君は故郷に別れを告げて、出発して北に行きます。道中、馬は泣き雁は鳴いて、彼女の心を引き裂きました。心が痛むほど悲しい彼女は馬の上で、弦楽器の弦を弾いて、悲壮な別れる曲を演奏し始めます。南飛のオオカリはこの心地良い琴の音を耳にして、すぐのこの美しい女子が乗ってる姿を見て、翼を揺れ動くことを忘れて、地下に落ちます。それから王昭君は“落雁”の別称を得ました。

陽貴妃(羞花)

唐の開元年間、一人のきれいな娘楊玉環は宮妃に選ばれ入宮します。楊玉環が宮に入った後に、郷里を懐かしみ、花園へ花見をして気晴らしをしに行きます、満開なボタン、コウシンバラが見えます......宮内で青春をむだに送るのが堪えなく、ため息をついて、満開な花に対して;花、花!あなたは年々満開な時がありますが、私はいつやっと 顔を出す日がありますか?”涙ながらに、彼女はちょうど花を触りますと花弁は直ちに縮んで、緑の葉が巻くのです。この瞬間を見た周りりの宮女達は楊玉環と花が美を比べ、花が負けたと宣伝し始め“羞花”と言う別称を得られました。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 6 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
359
어제
792
최대
1,120
전체
201,660


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.