譚嗣同 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

譚嗣同

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-31 23:17 view 7,262回 コメント 0件

本文

01.jpg

譚嗣同-維新六君子


譚嗣同( 1865~1898)は青末を維新派政治家や思想家だ。字は復生で、号は壮飛、 また華相衆生、東海隍ー冥氏、廖天一閣主 などだ。
湖南省瀏陽の出身で、お父さん継洵は湖北巡撫を歴任した。 幼年期にお母さんが死んで継母の虐待の中に苦痛を受けながら成長した。少年期には欧陽中鵠、豸l[先、劉人煕 など瀏陽学者を師事した。彼は多くの書籍をあまねく広く読み、特に張載、黄宗羲、 王夫之 などの思想を重点的に研究しながら、彼らの民族意識と愛民思想を吸収して、 以後彼の変法維新提唱のための思想的理論的基礎を修めた。

20~23歳の間に彼はお父さんの強要によって おおよそ六回も科挙に参加したが皆落榜の苦杯を飲まなければならなかった。この時期に直隷( 今の河北)、 新彊、 甘肅、 陝西、 河南、 湖南、 湖北、 江蘇、 安徽、 浙江、台湾等地を遊覧して見聞を広げながら、 清朝統治の腐敗相と苦しむ民たちの惨状を目撃して国と民を救わなくてはいけないと言う雄大な抱負を立てた。 このような意味で彼は当時に自分の号を '壮飛'だと言ったのである。

1894年日清戦争で清は惨敗してその翌年に '馬関条約'を締結しながら主権を喪失した。ここに康有為は北京で公車上書' 公車は挙人の対称で挙人たちがあげる上書という意味'をあげて資産階級変法維新運動の序開きを開いた。 民族の危機と維新思想の激流の中で譚嗣同は思想的に急激な変化を起こした。 30年の間精力を傾けた考証学は現実に何らの用途もないことを痛感したから、 彼は旧学を捨てて維新変法に力をつくすことに決心したのだ。遂に彼は唐才常 などとともに瀏陽に学堂を建てて新学を創設した。この同時に <興算学議> <報見元征> などの文を作って変法を主張、 湖南地域で維新の気風を開いた。新思想を追い求めて新知識を学ぶために彼は1896年(光緒 22)から上海、 天津、 北京 等地でイギリスとアメリカ宣教師たちを捜し回りながら西洋書籍を購入した。それからは機械、 汽船、 列車、 電線、 石炭、 金鉱などと西洋で入って来た電卓、エックス線撮影機などの科学器具を見て、 資本主義生産方式と自然科学に対して深い関心を持つようになった。この時期に彼はまた梁啓超、 翁同和など維新派人士とも幅広く親しみを積んだ。 こういうわけで彼は変法維新の信念をもっと確固に押し堅めるようになったのである。

1896~1897年の間に彼は上海に行って梁啓超と学問を討論して変法理論を研究した。 また楊文会と仏教に対して討論したし、1896年末にはまた南京に行って心修養と学問に精進して、彼の代表的な著作 <仁学> 2冊を著わした。
彼は世界は物質の元素で構成されてその本体が '仁'で、 世界の存在と発展は皆この '仁'の作用によると思ったから彼の哲学を '仁学'といったのである。

この著書で彼は自然界と人間社会は止められたのではなくいつも動いて変化発展することなのを認めて、 "空は変わらないで道も変わらない。(天不変、 道亦不変)"の頑固な思想を批判しながら、 変化の中で社会制度を改革しようとする彼の政治思想を立証しようとした。

そして資産階級民権と平等学説を主張して、2千年の間持続して来た封建独断統治を痛烈に批判、 歴代独断君主は"暴虐な独裁者"であり、君主独断を維持するための三綱五常は "血なまぐさい災いの毒草"と指摘した。 彼は封建君主独断を批判しただけでなく大胆にも清朝統治の罪悪を暴露して、 "君主が善良ではなければ国民が彼をとり除かなければならない"と言う "君主廃止、民権樹立"を主張した。 また彼は資本主義政治経済を発展させなければならないと主張することで、 康有為と梁啓超など資産階級改良派の思想的範囲をどの位飛び越えた。

譚嗣同は <<仁学>>で自分の社会政治思想を哲学理論で昇華させて概括した。 しかし歴史的条件の限界によって彼の哲学思想は煩雑でばかりして完全な哲学思想体系を形成することはできなかった。
1898年 2月、譚嗣同は湖南に帰って巡撫陳宝箴、按察使、黄遵憲、学政 、江標の後援の中に唐才常などとともに時務学堂、南学会、<湘報>、延年会、群萌学会などを創設して、 鉱山開発と鉄路建設に参加しながら変法維新と新政推進を広く広報した。 このような彼の維新活動が守旧派の反発にぶつかった時彼は彼らときっぱりと対立しながらも、 "今中国は新旧両党の流血が天地を覆い被せればこそ初めて復興の希望があるようになるでしょう"と思った。
1898年 6月 11日、光緒皇帝は詔書を下げて変法を宣布した。これで譚嗣同は光緒皇帝に薦挙されて 8月 21日北京に到着した。9月5日四品卿銜軍機章京に抜擢して林旭、 楊鋭、 劉光第とともに新政に参加したが、 当時にこれらを '軍機四卿'と呼んだ。

慈犧太后を中心にした封建頑固派は新政を反対して、暗々裏に政変を起こす準備をした。 こんなに緊迫な状況で譚嗣同などの維新派は軍事力を掌握していた袁世凱を説得して彼の支持を得ようとした。 しかし袁世凱の裏切りで慈犧太后は 9月 21日政変を起こして維新派たちを残酷に押えた。 譚嗣同は逃げださなくて最後まで残って変法のために命をかけることに決心して、"外国では変法をしながら血をこぼさない者がいないから、 中国で変法で血をこぼす者は私譚嗣同から始めるでしょう。"と彼の確固な意志を明らかにした。

9月24日譚嗣同は逮捕して監獄に閉じこめられた。28日楊深秀、 林旭、 楊鋭、 劉光第、 康広仁 などとともに譚嗣同は当時 33歳の若い年に処刑された。この6人の犠牲者たちを '戊戌六君子'だと称える。 処刑される直前に彼は "盗賊たちを殺そうと決心したが、局面を転換させる力が不足で、 光栄に死ぬようになったから、嬉しくて嬉しいね!(有心殺賊、無力回天、死得其所、 快哉快哉!)"と言った。 彼の著作は <譚嗣同全集>に編集されている。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.