羅貫中 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

羅貫中

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-31 23:58 view 6,268回 コメント 0件

本文

羅貫中-三国演義の著者


中国で古典名作 "三国演義"といえば男女老若まで分からない人がいない。 何世紀を下りながら "三国演義"の描いた気勢が高い戦争場面と生きて呼吸するような人物形象、 勇ましくて生動して面白いストーリーはずっと中国人たちから愛されているし、また多い学者たちの研究課題と残り続けている。

14世紀に生活した羅貫中は小さい頃から多くの歴史書を読んだが、これは彼の文学創作に良い基礎を用意してくれた。羅貫中の生活した時代は民族葛藤と階級葛藤が特に尖鋭で複雑な時代だった。 モンゴル貴族たちが建立した元国政権は漢族たちに対して苛酷な統治を実施しながら多くの漢族人民たちの反抗を誘発したし、各地では相次いでクーデタが起きた。 多くの武装蜂起軍たちは元国軍隊と決戦しただけではなくまた相互兼併をしたりしながら元国を滅亡させた後また中国を統治しようとする試みをする。

青年時代の羅貫中もある武装蜂起軍に加わって参謀職を受け持った。 当時羅貫中は大きい政治的抱負を抱いて乱世の中で王になって国を治めようと思った。 しかし朱元璋が率いた武装蜂起軍が最終勝利を成した後明を建立しながら念願は実現することができなかった。 してあの時から隠居生活をしながら文学創作に専念した。 

 "三国演義"は紀元 184年から 280年までの約 1百年間の複雑多段した歴史話を敍述した。羅貫中は多くの歴史、 雑記、 野史小説と民間伝説を収集してそこに自分の政治抱負と農民武装蜂起軍の戦争生活を結付して魏国と、蜀国と、 呉国間の政治と軍事闘いの歴史を生動するように再現した。

"三国演義"の芸術成果はさまざまな分野で捜してみることができる。 作家はまず多くの驚くべきな軍事、 政治闘いを敍述する過程にさまざまな芸術手法で少なくない鮮かな人物形象を著しく表わし出した。 "三国演義"には 4百名余に達する人物形象が登場するのにその中で鮮かな人物特徴を所有した数十人を重点を置いて描いた。例えば権謀術数に上手で陰険で疑心が多い魏国の王である曹操、 知恵と謀略が優れた参謀である諸葛孔明、 勇猛で豪放して軽率なところにも細心さが引き立つ蜀国の将軍である張飛、 賢くて勝負心が強いが度量が狭い呉国の総司令官である周瑜などは皆よくしている代表的な人物たちだ。

羅貫中は代表的な事件で人物の性格を表現するのを楽しむ。 その一例で疑心が多い陰険な曹操を描く時こんな話を敍述した。曹操が魏国を立てる前の事だ。 曹操はある軍閥に追われて殺害される危険に処して友達である陳宮と逃げだすようになる。 逃亡途中二人は曹操のお父さんと親しい呂伯奢の家に尋ねて身を避ける。 呂伯奢は曹操を嬉しく迎えて酒を買いに出た。曹操と陳宮が応接室で長い間待っているのに急にキッチンから刀を磨く音が聞こえる。曹操は呂氏が自分たちを殺害しようとすると疑いながらすぐ陳宮を連れてキッチンに入って家にいた家族 8人を無差別に殺す。 人をすべて殺してから二人はキッチンに縛られている一匹の豚を見つけた。 元々呂氏は豚を捕って曹操を招待しようと思ったのだ。 曹操と陳宮は人を殺し間違えたことが分かって慌てて逃げる。 

ところで逃亡途中に酒買いに出ていた呂伯奢と会う。曹操は呂伯奢まで全部殺す。 これに驚いた陳宮は曹操に "ただいま人を殺し間違えたのになぜまた人殺しをするか"と問った。これに曹操は "もし呂伯奢が家に帰った後家族が全部殺害されたことを見れば人々を連れて私たちを追い着くのではないか? だから早く殺して後患を無くした方が良い"と答える。 これに陳宮は "確かに誤ちが分かりながらまた人殺しをすることはあまり仁義がない"と言うと曹操は "私は天下のすべての人々を殺すことはできるが、他の人々はその誰も私を征服することができない"と答える。これから曹操の"奸雄" 形象が明らかになった。

 当時社会色色な分野に対する描写まで言い伝えた "三国演義"は重要な文学的な価値はもちろん封建社会の百科全書式作品とも言える。 中国で行くほど多くの専門家と学者たちは "三国演義"に対して深層的な研究を進行している。歴史、 人才学、 心理学、 公共関係学、 策略学、 管理学、 軍事学、 芸術学、 倫理学など多くの側面で彼の文化価値と現実意義はとても大きい。 "三国演義"はまた世界各国人民たちの愛も受けているのにもう色々な国の文字で翻訳されて"本当に人民性が豊かな傑作"と呼ばれたりする。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 2 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.