貂嬋 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


貂嬋

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,035회 작성일 09-06-03 22:41

본문

4大美人の中でも一番魅惑的な人物に数えられ、また彼女たちの中でも一番ミステリーに包まれた人物で今も彼女の本当に姿を確かに把握しにくい. 彼女が伝説上の人物なのか実存の人物なのか学界でさえ論難が絶えないからである。
貂嬋を示して国色天香.国を滅びるほどにすごい美女という傾城之貌、傾国之色は皆彼女から出た古詞である。 彼女は計略(典型的な美人計、連環計)が成功した後月夜の後園で王允の無事を祈って月に礼拝した。 あの時雲が月を隠したから王允は "あまりにも美しい貂嬋の美貌に月も雲の間に隠れてしまったなと表現するほどであったし、昔の官吏の服装の中でなくてはならないものが帽子であったが官吏の帽子は飾りで貂のしっぽをつけ、丸い部分をぐらっとかけてまるで蝉の羽を縦でずっと付けておいた模様で構える。 高官の帽子飾りを称えた言葉が後には高い官職を称える時は貂蝉だと言ったという。

一般的に貂嬋に関して四種類の説がある。

王允の歌妓だという説
王允は東漢太原祁県(今の山西省) 出身で字は子師で、初めは郡の郷吏だったが、霊帝の時予州刺史に任命され、献帝が即位するとまた司徒に任命された。 当時に董卓は少帝を廃位させて献帝を擁立して政権を専横していたが、大臣たちは董卓の権勢が恐ろしくて何らの話も言えなかった. この時王允は董卓をとり除くことに決心して、美人計でその目的を果たそうとした。しかしずっと相応しい対象を捜すことができなくて常に悩んでいたが、歌妓貂嬋はそういう王允の心を楽しくしてあげるためにいつも一生懸命に歌舞を演出したが無駄だった。
その後王允は彼女にその間の事情を話して助けを請じた。 貂嬋はそういう事情が分かった後誠心をつくして王允を手伝ってあげるという意思を表示した。彼女は王允の緻密な計画によって自分の美貌を利用して呂布と董卓の葛藤を造成したし、遂に彼女は呂布の手を借りて董卓を殺して王允のために大きい功を立てるようになった。 この事が成功した後貂嬋が花園で王允のために月に祈祷を差し上げているのに, ちょうど彩色雲が月を隠す状況が起きた。 この光景を見た王允は"貂嬋の美貌が月を雲の後に隠れるようにしたな"と言ったのである。これを根拠で後世人々は貂嬋を "閉月(美貌があまりにも美しくて月を雲に隠れるようにする意味)"というようになったと言う。

 董卓の侍女だという説
董卓は東漢隴西臨豢ョ(甘粛省岷県) 出身で字は仲穎で本来凉州の豪族で霊帝の時に并州牧師に任命された。董卓は昭寧元年(189年)に軍隊を導いて洛陽に進入して少帝を廃位させて献帝を擁立して政権を専横した。 これに曹操と袁紹などが軍隊を起こして反対すると、 彼は献帝を脅かして長安に遷都した後自ら太師になったが、その後董卓は呂布に殺された。 ≪後漢書≫ 「呂布伝」には次のような記録がある"董卓は呂布を騎都尉にして父子の関係になることを誓った後彼を非常に惜しんで信任した。しかしいつも少しだけ志を果たすことができなくても董卓は槍を抜いて投げたし、呂布は拳法で素早くそれを避けた。これによって呂布は董卓を憎むようになった。 董卓はまた呂布に中閣を守るようにしたが、呂布が密かに彼の侍女と情を通じると董卓はもっと不満を持つようになった." ここで貂嬋が呂布と情を通じた董卓の侍女だという事実が分かる。

呂布の妻だという説
呂布は東漢末五原九原(今の内モンゴル<包頭> 西南) 出身で字は奉先)である。初めには并州刺史である丁原に付いてから丁原を殺して董卓の部下になった。そうしてまた王允と謨議して董卓を殺した後奮威将軍に任命されて温侯に冊封された。 最後の結末は曹操につかまって死んだ。 ≪三国志≫ 「呂布伝」に引用された ≪英雄記≫には次のような記録がある"呂布は劉備を見て彼を非常に尊敬した。
それで劉備を帳幕に招いて妻の寝床上に座るようにしてからは妻に命じて礼をあげてお酒と食べ物を持ち出すようにした" この記録によれば呂布の妻はいつも軍隊に付いて兵営生活をしたことが分かる。またここには次のような記録もある. "建安(漢献帝の年号) 元年 6月, 真夜中に河内驛摶Gが反乱を起こした。叛軍たちは呂布が治めた下驍ウ府に進入して庁舍の外にまで来て一斉に喊声を上げたが、呂布は叛軍の将校が誰だか分からなかった。呂布は直接妻を連れて帽子もかぶらなくて服も着ることができなかったまま逃げて都督である高順の陣営に行った。" "呂布は陳宮と高順に城を守ることを命令して、自分は騎兵を導いて曹操の補給路を遮断しようと思ったがこの時、彼の妻が'陳宮と高順は本来からお互いに仲が良くなかったから、将軍が出征なさったら彼らが合心して城を守らないだろう、もし蹉跌が生じたら将軍はどこで自立しますか? 私は昔長安で将軍に捨てられた時もちょうど鮴据ョが密かに私の身を隠してくれたから、今私を振り返る必要はないです'と言った。 呂布は妻の言葉を聞いて悩みながら決断を出すことができなかった." ここに記述された呂布の妻が貂嬋だと伝われる。

呂布の部将である秦宜禄の妻だという説
≪三国志≫ 「関雲長伝」に引用された ≪蜀記≫には次のような記録がある。"曹操と劉備が下驍ウで呂布をかこんだ時関羽が曹操に言った'呂布が秦宜禄を送って助けを要請するから彼の妻を妾で迎えるのを請じます' 曹操がそれを承諾した。 戦争が終わった後にもまた何回曹操にそれを言うと、曹操は彼女の美貌が優れたと疑って他人を送って見るようにした後それを引き止めた。それで関羽は気持ちが良くなかった." ここで秦宜禄の妻が非常にすぐれた顔つきを持った女人だったのが分かるが、 元々関羽は自分が彼女を妻に迎えるつもりだったが、曹操がそれを引き止めると妬んだ。関羽は気性が急な人だからかっと怒って一刀に秦宜禄の妻を殺してしまったと伝われる。

元代の雑劇である関公月下斬貂嬋はこの事を素材にしたのであり、 したがって秦宜禄の妻も伝説の中の貂嬋だったとも言える。 4大美人は皆自分たちのすぐれた美貌でひとときは寵愛を受けたが、彼女たちは皆統治者たちの取り合い対象になることで結局政治闘いの犠牲品になってしまった。 "佳人薄命"といったように彼女たちは皆自分の命を生きることができなかったのである。 

それなら果して貂嬋の最後はどうだったろうか?
貂嬋が王允の歌妓だったら、彼女は董卓をとり除くための美人計の主人公に利用されたからそういう政権闘いの渦の中で彼女はいつ死ぬか分からない命だったろう。董卓の侍女だったら呂布と情を通じた事実が董卓にばれたはずでそれなら結果は明らかである。 董卓が呂布に槍を投げたように彼女にも当然に刀を飛ばしたはずだろう。呂布の妻だったら彼女は危ない兵営生活の中で命を保全しにくかったはずで、秦宜禄の妻だったらやはり彼女は曹操と関羽の不和を起こしたことで関羽の一刀に結局命を失ったはずである。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
499
어제
501
최대
733
전체
37,248


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.