薄煕来 > 中国人物

本文へ
サイト内検索

中国人物


薄煕来

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 4,770회 작성일 10-01-27 23:22

본문

1949年7月中国山西省定襄県で生まれた薄煕来は中国共産党元老の薄一波前任中国共産党顧問委員会商務部主任の息子である。 彼はこのように強固な背景を持ったが唯一自身の実力だけでじわじわ努力して今の席にまで上がった実力者である。 今州公務員から政治者の道を歩き始めて大連市市長、遼寧省省長を経て商務部部長に上がるまで20年の時間がかかったし今州の普通の公務員生活だけで8年を過ごした。

中国高位級幹部の子弟であった彼は社会と人生に対して目を開く頃(文化大革命時期)に家族背景が政治的にかかわって監獄に行くことになった。 5年の間の監獄生活で彼は色々な苦痛を受ける中で自らの意志を鍛えて思考する方法を習うことになった。 公正、民主、法治が社会にどれくらい重要なのか、温鬣ア(,衣食住が解決される生活)、自由、尊厳性が人間にどれくらい大切なことかを新たに悟ることになった。 薄煕来は時折笑い話で“この5年の間に他の人々が決して習うことはできない多くのことを学んだ”と話したりする。

まさにこのような経験を土台に彼は今日重慶市省委書記になることができたし自身の能力を十分発揮して業務に最善を尽くすということによって国民の支持を受けている。

◆幼年時代の薄煕来

幼年時代北京第2実験小学校を通った薄煕来は高位級幹部子弟だったにもかかわらず常に謙虚でおとなしかったしそれこそ話をよく聞いて優しい大人っぽい子供であった。 ご両親と先生を一度も心配させることなく、数学、国語などすべての科目に優れたし書道もまた立派だったことから伝えられている。

1962年小学校卒業試験の北京模擬試験で彼は語文と数学科目で各々満点を受けて当時北京最高名門中学校に選ばれた北京第4中学校に入学するということによって小学校の時を円満に終えた。

◆薄煕来部長の公職生活

十余年前薄煕来が大連市今州に赴任した時この地域は中国他の地方と同じように無秩序な市街地に住民たち生活は無気力だったし後れた経済でそのありふれている高層建物一つ探せない程全般的に経済が低迷していた。

今州に赴任した薄煕来は充満したエネルギーで夜遅くまで業務にぶらさがった。 多くの幹部らを探して相談をして直接一線工場をいつも訪問するなどこの地域発展のために献身した。

今州で副書記、書記、開発区党委員会書記などをあまねく経た彼は地域経済開発に相当な功績を立てた。

彼がかつて大連市市長で赴任した当時市政府は“政府公務員は夜11時以前には携帯電話を消してはいけない”という規定をたてた。昼間には彼が主に会議と研究調査で忙しいから夕方にいつも関係者たちと連絡がつかなければならないという理由であった。

大連市長として薄煕来の知恵が引き立って見えた点は大連市のポジションを非常に正確にしたということである。 薄煕来が大連市市長であった8年の間にこの地域は以前の姿は探せない程日ごとに発展を繰り返した。

都市建設問題において薄煕来市長は“都市建設は展示行政でない根本的に経済と直結した問題”という自分だけの独自の意見を表明した。

薄煕来部長は“都市は企業の媒介体であり資金と企業を誘致する基盤として都市のイメージは政府に収益を創り出してくれるだけでなく中国企業がグローバル企業と同等な立場で交渉することができるようにする”と説明した。

また彼は“都市の土地が制限的であるだけにこれを十分に活用して譲渡しなければこれは国有資産を無責任に放任することと違わない。 優れた企業が後れた都市で立てられるならば資金と事業を誘致するに頭角を現わせなくなるだろう”と指摘した。

薄煕来の観点はまさに10年間大連市の競争力が着実に向上して地価が何と10倍も上がったことで後押しされている。 また彼の見解は遼寧省省長で在職する当時にも残らず表出された。

2001年彼は大連市委員会書記から席を移して遼寧省委員会副書記、遼寧省副省長、省長代理をあまねくたどりながら順次に国民の注目をあびることになった。

遼寧省長で赴任した以後彼は性地級市14ヶ所の公務員たちを引率してフランス、ドイツ、韓国、日本など国家と香港などの地域を訪問して企業および資金誘致活動を広げて‘遼寧突風’を追い立てることもした。

薄煕来は遼寧省の環境と環境保護に対しても大変重要な課題であると考えた。
過去鞍山市といえば汚らしい都市の姿が浮び上がったが今は青い澄んだ空と青い緑地でぎっしり埋まったところに変貌して東北地域で唯一‘中国衛生都市’というタイトルを取り出した重工業都市に浮び上がった。 一方瀋陽鉄西新区は開発に着手して1年半も過ぎない間に20億中国元に達する営業所得を上げたし黒い媒煙でいっぱいだった都市の姿はもう探せなくなった。

彼が成し遂げた成果は多くの公務員の模範になって国民の尊敬を受けた。 誠実な態度、豊富な知識、前を見通す見識、遠大な抱負、強い親和力は国民に希望を植え付ける立派な公務員で評価できる十分な根拠となる。

◆人生の重責-商務部部長

中国商務部は2003年対外貿易部と国家経済貿易委員会が統合されて新設された。 ところで当時初代商務部部長だった呂福源が重病で2003年下半期に公職から退くと商務部部長席は空席に残ることになったし、重要な時期に業務は麻痺した。 以後薄煕来が部長に任命されて商務部は正常な業務をまた稼動し始めた。
2004年4月薄煕来部長は就任以後対外貿易と関連して最大危機を迎えることになった。
最近3年の間に米国の対中輸出は大きく増えたが2004年米国の対中貿易赤字が1240億ドルに達して中-米貿易紛争は絶えなかった。 米国内の政治的な圧力でブッシュ行政府は中国に貿易紛争を早く解決することを促した。
2004年4月20日薄煕来部長は呉儀国務院副総理を同行して米国訪問に出た。 これは彼が商務部部長に就任した以後の初めての訪問だった。 米国ワシントンに到着した彼はその日午後米国商務部関係者と貿易代表団と交渉会議を開いた。 薄煕来部長の実務的な態度、ユーモア感覚、はやい判断力のおかげで交渉は順調に進行されたし、3日間の友好的な交渉で中-米両国は8件の協力協議およびMOUを締結する大きな成果を引き出した。

2005年1月から中国の輸出量と外国企業の直接投資増加率が鈍化傾向を現わして主務部署の商務部は相当な圧力を受けることになった。 この他にも商務部は対内外貿易統合を最初に始める段階だったために各部署は相変らず分割された状況であった。 商務部を改革して統合することは彼が引き受けた最優先課題であったが以後により大きい試練が待っていた。 中-米貿易紛争、中-EU貿易関係、中国の市場経済地位解決など問題が相次いで炸裂したのである。

色々な困難の前で薄煕来部長は自身の能力と努力で難関を解決して注目するほどの成果を上げた。

だが中国の産業開放が拡大してこれから貿易摩擦がより一層増えて状況は一層難しくなるので国民の注目を一身に受けて自身の道を黙黙と歩いている薄煕来部長はこれから新しい挑戦を受け入れなければならなかった。

◆薄煕来部長略歴

1978年北京市二軽局金属機械修理工場で職員で仕事をして北京大学歴史学科に入学し歴史学を専攻.

1979年中国社会科学院大学院国際新文学課で修士過程を終えて文学修士学位を受領

1992年遼寧省大連市市長に任命されて政治生涯の転換点を迎える。 ‘規模より質’を強調した都市発展戦略追求し、大連市で勤めた8年の間にこの地域の固定資産投資額が去る40年の間の固定資産投資額を全部合わせた規模を越える記録をたてる。

2001年1月,遼寧省副省長、省長代理を過ごしたし2001年2月に遼寧省成長に任命される。 中央政府が‘東北伝統工業基地振興’政策を発表した以後‘遼寧’発展のためのビジョンを構想し始め。

2004年2月商務部部長に任命される。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 55건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
499
어제
501
최대
733
전체
37,248


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.