中国少数民族

45 トウ(土)族

페이지 정보

본문

2055573017_b37bd4a4_47.jpg

人口は約19万2600人。

 主に青海省東部の湟水以北、黄河両岸一帯および隣接する地域に集中して住んでいる。そのうちの大部分が青海省互助トウ族自治県と周辺の民和、大通、同仁などの県に住み、少数の人が甘粛省天祝チベット族自治県に居住している。  

 トウ族語はアルタイ語系、蒙古語族に属する。互助と民和の2種の方言がある。昔はずっと漢語の文字を使っていたが、現在はラテン文字を原形とするトウ族の文字を新しく作り、試用中である。

 トウ族は中国の北西部にある長い歴史をもつ民族であり、「蒙古爾」(蒙古人)、「チャハン蒙古爾」(白蒙古人)、「土昆」(着民の意味で、「吐渾」という言葉を濁る発音によるもの)、「土戸家」などと自称し、近くに住むチベット族の人たちに「ホール」(チベット北部の遊牧民族に対する通称)と呼ばれ、漢民族、回族の人たちに「土人」、「土民」と呼ばれている。中華人民共和国の成立後、トウ族の願いにもとづいて、「トウ族」と統一された。 トウ族の民間伝説によると、その祖先は蒙古人と地元のホール人の間での婚姻による子孫である、とされている。伝説の中のホール人は吐谷渾人であるので、トウ族の人たちは古代吐谷渾人の子孫だと多くの研究者は見ている。トウ族の人たちは昔は牧畜業に従事していたため、今でもヒツジを飼う習俗があり、ほとんどの家庭はヒツジの飼育に長じ、ヒツジを大切にしている。 

記事の出所:人民中国

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 53건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 67 명
  • 오늘 방문자 706 명
  • 어제 방문자 811 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 48,154 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개