京劇芸術 > 中国芸術

本文へ
サイト内検索

中国芸術


京劇芸術

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 12,202회 작성일 08-04-18 01:30

본문

中国の代表的な伝統演劇であり、北京で発展したので京劇だと呼ぶ。 西皮・二黄 二つの種類の曲調を基礎にしたので皮黄戯とも言う。
 14世紀から広く盛んに行われた中国伝統歌劇の崑曲の要素が加味されて作られた。
胡弓、月琴、琵琶、鼓を中心にした伴奏の旋律とリズムが劇の基調で歌、台詞、動作、アクションなどで成り立つ形式演劇で、歌が重視されて舞踊に近い動作は激烈ながらも美しい。
普通は歴史小説と伝説から素材を取ったり、原曲と伝奇を改作したことで《水滸伝 》 《三国志演義》などの部分脚色が多く見られる。
 代附・ナ<秋江> <八仙過海> <孫悟空> <打魚殺家> <四進士> <白蛇伝> <将相和> <楊門女将>  <覇王別姫><貴妃酔酒>などがある。

全てが1時間内外の短い演劇で演出と演技が皆極めて叙事的な阜サ様式を使って、装置もなしで象徴的な演技形式によって、状況や行動を現わす。


衣装は明国時の服装を基礎にした伝統劇固有の物で色と紋により人物の身分と職業などが分かる。配役は大きく、生:主役、旦:女役、浄:豪傑・悪漢、丑:ピエロ、末:端役に分かれて、それぞれ文武の2系統以外にまた細分化される。浄と丑は俳優の顔に染料で線を描くが、歴史上有名な顔の線の形式は既に決めている。


京劇は元国時の雑劇:元曲の後に続いて、明国で清国にかけた300年の間は蘇州崑山で出来た崑曲が優位たったが、形式に偏って衰退することになるや、18世紀中葉(清国中期)には地方劇が先を争うことになった。
その頃安徽省、湖北省など揚子江沿岸地方に南曲の婁陽腔系統を続く二黄調が盛んに行われて、安徽省の女役男俳優(高朗亭)の一団と共に北京に入ってきた。
この時が1790年(高宗:乾隆帝)の80才誕生日祝い祭りが広がった年である。 '徽班'という安徽省劇団が当時難解で冗長な低音の昆曲に比べて、明るくてやさしくて動作が多い二黄調を上演するや、まもなく大衆の好評を受けて流行し始めた。 新興劇種のところに形式上の融通性もあった当時の二黄調は昆曲をはじめとする多い宗派の技術と形式を最大限受け入れて自分のものに作った。

特に1830年頃清国話の北曲系の秦腔の流れを続く西皮というメロディと合わせ《皮黄戯》,すなわち京劇で発展して、昆曲の位置の代わりをした。草創期には程長庚、その後譚吝培などの名優が排出されて、不断に改革を繰り返して、近世になっては女役男俳優[梅蘭芳]が一層光を出した。海外にも'北京オペラ'で知られて、その独特の芸術性で高い評価を受けている。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
399
어제
571
최대
1,120
전체
177,104


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.