花鳥画 > 中国芸術

本文へ
サイト内検索

中国芸術


花鳥画

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 8,788회 작성일 08-07-28 12:47

본문

花鳥画は動植物を主要絵画対象にする中国画の伝統画科である。
 細分化すれば花草、羽毛、果物、虫、獣、魚類と貝類など支流で分ける。
中国花鳥画は審美的客体としての自然生物の審美的関係を集中的に再現した強い敍情性を帯びている。

花鳥画は作家の思想、感情の吐露を通じて時代精神を再現してさらにはソーシャルライフを間接的に反映するから世界各民族同類体系の絵画の中でも鮮かな特徴を現わすことができる。

工芸と雕刻、絵画が明確に分けてない原始社会に中国花鳥画は既に出現し、両漢六朝に至って規模が膨大になり始め、唐朝, 北送時期を経って花鳥画は完全に成熟の道に立ち入った。
五朝時代に出現した徐熙と黄筌二つの流派は既に相異な素材と手法で富貴あるいは素朴の志向をそれぞれ表出した。

北宋時期の "宣和画隹ア"は前代の創作経験を総和した基礎上で初の花鳥画論文-"花鳥書論"を書いたことで花鳥画が人類精神産物としての審美的価値と社会的意義を論述した。

 その後で画家たちが雨後の竹の子みたいに出現しながら流派がいろいろに分けられてますます多様になった。 数千年の発展を経って中国花鳥画は豊かな創作経験を積んで独特の伝統を形成したし近代に至って鮨数註ホのような花鳥画の大家が出現するようになった。

中国花鳥画は長期的な歴史発展中に中国人の社会審美需要に適応して写生を基礎として写意を意志にする伝統を形成した。
写生と言うのは即ち花鳥の生命力と特性を真実に伝達するのであり、写意と言うのは即ち意味を主導役目にする事で中国の書法芸術と同じく作家の感情を切々たるように表現することを追い求める。
だから中国花鳥画は真実さを重視するだけでなく善意観念に対する伝達を重視し、花鳥画の創作と感想を通じて人々の趣味と精神生活に影響を与えてながら作家の内的な思想と追求を間接的に表出している。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 34건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
377
어제
571
최대
1,120
전체
177,082


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.