針灸の由来と伝承 > 中国医学

本文へ
サイト内検索

中国医学


針灸の由来と伝承

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,422회 작성일 08-07-30 00:56

본문

針灸は中国の伝統医学の重要構成部分である。 最初に針灸は一種の医療手段に過ぎなかったがその後徐徐に一つの学科になった。 針灸学は針灸医療技術, 臨床応用規律と基礎理論の学科である。

針灸は悠久な歴史がある。 古書籍に何回も針灸の原始工具である石針が登場した。 この石針は今からおおよそ 8千年から4千年前である新石器時代の産物として氏族共同体後期に属する。
 中国は考古学発掘中に何回もこんな石針を掘り出した。 春秋時代(B.C. 770年―B.C. 476年)に至って医学は巫術の束縛から脱して専門医者ができた。 “春秋左氏伝’の記録によれば名医の医郛唐ェ晋景公の病気を診断する時 (疾不可荳コ也。在肓之上、膏之下 攻之不可逹之 不及薬不到焉不可為之)と言ったがここで攻は貼り薬で達は針灸を言う。

戦国時期から西漢時期(B.C. 476年-紀元25年) に至って製錬技術の発達といっしょに金属針灸は広範囲に普及され始めた。
 鉄針が昔の石針を取り替えてからは実用範囲も拡がって針灸の発展を急き立てた。 東漢三国時期に至って針灸で有名な多くの医学者達が出現したがその中には皇甫隹ァの“針灸甲乙経”が一番完璧な針灸経典で指折り数えられる。
 両晋南北朝時期(紀元 256年-589年) 針灸専書はより多く出るようになったしこの時期に中国の針灸は遠く朝鮮と日本などに伝播された。

隋唐時期(紀元 581年―907年) 針灸は専門学科で発展したし当時の医学教育課で針灸科が設置された。
その後針灸学術は不断に発展し16世紀に来て針灸がヨーロッパにまで伝えるのに至った。
 しかし清代になっては医学者達の間に薬を重要視して針灸を軽視する傾向が起こり針灸学の発展に影響を及ぼした。

1949年中華人民共和国が創建された後に針灸は大きな発展を成した。 現在全国的に2千余個の病院たちに皆針灸科が設置されたし針灸に対する科学研究も多くの系統の臨床に経って進行になって針灸の調節作用、鎮痛作用、免疫力増強作用, 経絡現象、経穴と臓腑との関連など問題に対する研究で大量の価値のある科学実験資料を取得するようになった。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
499
어제
501
최대
733
전체
37,248


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.