漢方薬の応用と展望 > 中国医学

本文へ
サイト内検索

中国医学


漢方薬の応用と展望

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,147회 작성일 08-04-18 01:49

본문

漢方薬の応用

漢方薬応用の歴史が長い、これは中華民族の繁栄に大切な役割を果たしている。漢方薬はいまでも人々の医療保健で重要な位置を占めている。漢方薬の理論と実践の経験が中国文化の特徴を示している。漢方薬の大多数が天然薬から来たもので、その毒性副作用が小さく、そして1つの漢方薬に多くの成分が含まれ、多くの病気の治療に役立つ。多くの漢方薬が常に一緒に使用され、合理的な組み合わせを通じて、複雑な病気に対応できるだけでなく、漢方の効果を上げ、その毒性副作用を低下させることもできる。
 漢方薬の応用は漢方医学の理論を基礎に、医薬品が使用され人体での治療効果に頼っている。漢方薬の治療効果はその薬自身の効用によるもので、漢方薬の効用は主に(四気五味寒熱温涼及び酸苦甘辛と塩辛)、昇降浮?、帰経、毒性である。漢方薬を安全かつ効果的に使うため、その組み合わせ、禁忌、使用量、使用方法などの基本的な知識を把握しなければならない。漢方薬の組み合わせは病気の需要と薬の効用の違いによって、2つ以上の漢方を選び、混ぜて使用することである。禁忌のうち、主に、組み合わせ禁忌、妊娠禁忌、飲食禁忌と症候禁忌が含まれる。使用量は臨床上での薬の使用量で、そのうち、漢方薬1つ及び加工した漢方薬の大人の1日の使用量が含まれ、また、組み合わせた漢方薬の中の各種類の比例使用量も含まれる。

漢方薬の展望
 今後の漢方薬の研究方向は:漢方薬生産の面で漢方薬の伝統的な生産経験を受け継ぐと同時によい漢方植物を選出し育成することを強化する。例えば、生物プロジェクトなどの面での研究、カンゾウ、コガネバナ、ミンマサイコなど使用ニーズの最も多い野生漢方植物及び20種類の外国漢方植物の種の輸入と栽培活動を強化し、特に、種退化を防ぐ研究を進め、新しい資源を調査し、開発する活動を強化しなければならない。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
408
어제
925
최대
1,120
전체
270,370


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.