中国伝統医学概況 > 中国医学

本文へ
サイト内検索

中国医学


中国伝統医学概況

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,013회 작성일 08-04-18 01:51

본문

中国の伝統医学は中華民族が長期間の医療, 生活実践の中でいつも蓄積して繰り返し的な総和を通じて漸次的に形成された独特の理論風格を取り揃えた医学体系である。
中国伝統医学は中国各民族医学の総称として主に漢族医学, チベット族医学, モンゴル族医学, ウィグルゾック医学, 朝鮮族医学など民族医学が包括になる. 中国伝統医学の中で漢族の人口が一番多くて文字歴史が一番久しくて歴史文化が比較的長い原因で漢族医学は中国ひいては世界的でも影響力が一番大きい。
19世紀に西洋医学が中国に入って来て普及された後も漢族医学はまた (中医)と呼ばれて (西医)すなわち西洋医学と区分されてる

中医の歴史
中国の伝統医学の中で漢族医学の歴史が一番久しくて実践経験と理論認識が一番豊かである
中医は中国黄河流域から発展したしずいぶん前から学術体系を成して来ました。中医は長長しい発展過程を経過しながらお互いに違う絶え間ない創造と数多い名医たちを排出し多くの重要学派と名作を残した.


今から 3千余年前の(殷商) 時代にもう中国医療衛生と 10余種類疾病に対する記載が甲骨文に記載されてる。 周の国の時には望診、 聞診、 問診、 診脈、など診断方法と薬物、針具、手術等治療方法を使ったし晋漢時期には黄帝内経のような体系的な理論著書が形成された。この本は現存する医学著書中一番長年の中医理論性経典著作である. 長中慶の傷寒雑病論は各種雑病に対して弁証法的な診断治療原則を専門論述した著書として臨床医学の発展に基礎を用意した. 漢代へ来て外科学は相当な水準に到逹したところ “三国志” 記載によれば名医華侘はもう全身痲酔剤である (麻沸散)を使って各種外科手術を進行した.


南北朝 (紀元 220年・89年)時期から水唐五代(紀元581年・60年)に至るまでは診脈診断で突き出た成果を成した。晋の時代の名医王叔和医師はその著書「脈経」で、静脈の現象を24種類にまとめた。この著作が中国医学に大きな影響を与えただけではなく、海外にもつたわって行ったのである。この時期に来て中医学がもう成熟された段階にあった。


ここの時期、漢方医の各科が次第に科目専門化するようになった。針灸の著書には「針甲乙経」、丹薬作りの代蕪Iな著書には、「抱朴子」と「肘後方」があり、また、製薬の面では、「雷公砲炙論」、外科では「劉涓子鬼遺方」と「諸病原候論」などがあり、小児科では、「頭?経」、眼科では、「銀海精微」、さらに、世界初めての薬典「新修本草」、唐の時代の孫思?氏の「千金要方」と王トウ氏の「外台秘用」などの医学の本もある。
王惟一氏が「銅人?穴針の図経」を記し、また、等身大の銅像を設計、製作し、学生の実習に提供した。これは、後世の針灸の発展に大きな影響を与えた。明の時代(紀元1368年・644年)になると、一部の医学者は、腸チフスと熱病を疫病などから区別させようと提案した。清の時代に入って、熱病の学説が成熟し、「温熱論」などの著作も現れてきた。
明の時代から、西洋の医学が中国に伝わり、一部分の医学者が“漢方医と西洋医学の融合”を主張したことで、現代の漢方医と西洋医学の融合における先駆者となったのである

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
440
어제
501
최대
733
전체
37,189


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.