中医の基礎理論 > 中国医学

本文へ
サイト内検索

中国医学


中医の基礎理論

페이지 정보

작성자 no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,587회 작성일 08-04-18 01:58

본문

陰陽は中国古代哲学の範畴に入っている概念である。人間は矛盾という現象を通じて、矛盾という現象から陰陽の概念を作ってきた。また、陰陽二極の消長関係を利用して物事の運動と変化を解釈している。漢方は陰陽の対立と統一の観点を利用して人体の上下、内外などの各器官、そして人体と自然及び社会などの外来の要素との複雑な関係を説明している。陰陽の対立と統一の相対的バランスは、人体の正常活動を維持し保証する基礎であり、陰陽の対立と統一の関係が失調或いはアンバランスしたら、人体の疾病発生をもたらし、生命の正常の活動を影響とされている。
運気説とは、五運六気とも呼ばれ、自然界の天文、気象と気候の変化が人体に健康と疾病をもたらすことを研究する学説である。五運には、木運、火運、土運、金運と水運があり、自然界の1年にある春、夏、長い夏、秋、冬という気候の循環を指す。六気とは1年中の風、寒、暑、湿、燥と火という6つの気候要素である。運気説は天文と暦法の補助変数に基づき年次気候の変化と疾病発生の規則を推測するものである。


 

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 12건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
440
어제
501
최대
733
전체
37,189


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.