寧波市>慈城古鎮 > 華東地区

本文へ
サイト内検索

華東地区


寧波市>慈城古鎮

페이지 정보

작성자 no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 4,585회 작성일 09-02-28 19:44

본문

慈城は寧波市の北西にあり、市内から10キロ離れている。その歴史は春秋戦国時代に遡ることができる。唐の729年に造られ、初任の県令房カンは県の所在地を陳山渡(神山、沈山)から慈城に移したのである。

    慈城は中国語の意味では孝子の町という意味で、ある物語から命名されたのである。言い伝えによると、漢の時代 (紀元前206年――紀元220年) に、慈湖の北岸には董闇という人が住んでいた。彼は中国古代名儒の董仲ちょの六代孫だった。彼は若い時父に死なれて、母と貧しい生活を送っていた。ある日、母が不治の病にかかって、死に掛かる前に、実家の川水を飲みたいということで、息子は毎日何十キロの道を歩いて、母に水を汲んで飲ませた。数日後、母が奇跡的に生き返った。県令はその話を聞いてすっかり感動させられて、その川を慈渓(親孝行の川)、町を慈城(孝子の町)と命名したのである。

    慈城は悠久なる歴史を持っている。山紫水明で、古い城壁など遺跡がたくさん残っていて、「江南第一古鎮」で名を馳せている。

    慈城は三面山に囲まれて、姚江と慈江に臨んでいる。南は四明山陳山渡鎮に隣接している。慈湖は慈城の南の漢山の麓に位する。その湖は唐の時代初任の県令房かんが皆を率いて掘ったのである。
慈城は江南にある典型的伝統的な町である。町は碁盤のような四角に見える。中街は南北の中枢として、真ん中は孔子廟で、突き当りには役所のビルである。東西にはメインストリートが二本、南北には巷が六本ある。そんな配置から中国封建的家長制と伝統建築の美が見える。慈城は三本の堀に守られ、町の中にも運河や小川が多く流れている。

    慈城は歴史が長いので、唐から清まで1000年ぐらいの間に、慈城出身の進士は519名、朝廷官僚が千人以上いた。現代においても、慈城出身の芸術家、作家、銀行家、企業家、教授と科学者が多くいた。例えば、中国遺伝学の父である談家楨、作家の馮驥才、発明家の応昌期はそれである。漢の時代から、皇帝に表彰された孝子、孝女は30余名いて、そのうち、漢の董闇と唐の張無択と宋の孫之翰は最も知られていて、そのわけで、慈城は三孝郷だと言われている。

    慈城には珍しい遺跡が多く、町面積は1.5平方キロメートルしかないが、中には寺、廟、観、壇、殿、堂や名人故居が100箇所以上散らかっている。みな国家、省或いは市クラスの文化財と認定されている。そこは中国の歴史と伝統の縮図である。
         情報元:寧波政府ホームページ    

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 10건 1 페이지
더보기 more
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
397
어제
607
최대
1,120
전체
252,018


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.